joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛

知っておきたい年賀状の基本マナーと投函時期の注意点

f:id:favorite358:20171202114323j:plain

テレビなどで年賀状のCMを見ると

「あ、今年もそんな時期か…」

そう思う方も多いのではないでしょうか。

最近はメールやLINEなど様々な便利なツールがありますが、出来れば年に一度の年賀状は欠かさないようにしたいものですよね。

相手のことを想ってペンをとるこの習慣は大切にしていきたいものです。

今回は「今さら聞けない年賀状のマナー」を紹介したいと思います。

知っているつもりで意外と知らない?

新年早々「失敗した!」とならないように、気持ちよく新しい年を迎えられるようにしていきましょう!

2018年の年賀はがきについて

f:id:favorite358:20171202113356j:plain

「今年はどんな年賀はがきにしようかな?」

けっこう楽しみだったりしませんか?

2018年はイヌ年なので「スヌーピー」の絵柄の年賀はがきや、嵐の5人がワンちゃんを抱っこしている年賀はがきも発売されています。

また、送られてくる年賀はがきを見るのも楽しみ!

最近は写真入りのものが多いですよね。

家族だったり子供だったり、来年はイヌ年にちなんでペットの写真の入った年賀状も多いかも?

わたしはジャニーズファンではないのですが、嵐年賀状が届いたら嬉しいです!

今からとても楽しみですね。

そんな年賀はがきですが、今年は時期によって料金が違うってご存知でしたか?

郵便料金の改定によって通常のはがきが62円になりました。

だから年賀状も62円…っと思いきや、2018年の年賀状は52円で出せるのです!

10円の差は大きいですよね、嬉しい!

ところがいくつか気を付けないといけない点もあるようです。

出せる期間

52円で出せる期間は

2017年12月15日~2018年1月7日

までとなっています。

これ以外の期間だと10円の切手を貼り足して62円で出すことになります。

年賀はがき自体は11月1日から販売されますが、「今年は早く書けた!」と12月15日前にうっかり出さないように注意しないといけません。

通常のはがきを年賀状に使う場合

改定前に購入した52円のはがきを使用する場合は、はがきの表側に朱色で「年賀」と書けば上記期間であれば52円で出すことができます。

62円のはがきの場合は、郵便局で52円の年賀はがきと5円分の切手と交換してくれるそうですが差額の5円は交換手数料となってしまうようです。

また、自分で切手を貼るタイプのはがきを使う場合は、年賀用の52円切手を貼って表面に朱色で「年賀」と書けば、やはり上記期間内であれば52円で出すことができます。

たかが10円されど10円、何十枚も出すとなると大きいですよね!

今年の年賀状はこれまで以上にしっかりと時期を確認して出すようにしましょう。

年賀状の投函時期

f:id:favorite358:20171202114428j:plain

新年の挨拶状になるので、出来れば元旦に届けたいものです。

元旦に届けるにはいつまでに投函すればいいのでしょうか?

通常12月15日~12月25日までにポストに投函すれば、元旦に届くとされています。 12月15日以前だと、通常の郵便として扱われてしまう可能性があるので注意する必要があります。

特に今年は52円と62円の差も発生してしまうので、要注意です!

26日以降でも地域によっては元旦に届くこともあるようですが保証はされていないようです。

出していない相手から届いてしまった場合

f:id:favorite358:20171202122304j:plain

「この人には出す、この人は出さなくてもいいかな?」

じっくり考えて選別したはずなのに、出していない人から届いてしまった…。

けっこうありがちですよね?

「出しておけばよかった」と後悔することが多々あります。

そんな場合はどのように対処すればいいのでしょうか?

もちろん大切なのは早急に年賀状を出すことなのですが、時期によって少し出し方が変わってくるので注意が必要です。

<元旦から松の内(1月7日)まで>

松の内の時期内に相手に届くようであれば、年賀状として出して大丈夫です。

その際のマナーとしては「相手から年賀状をいただいたお礼などは、書かなくてもいい」とされているようで、その理由は「忘れていた」と伝わることが相手に失礼になるからだそうです。

特に目上の方には書かないほうがいいようで、「はじめから出すつもりだったし、出していました!」という空気で押し通したほうがいいそうです。

ただ、親しい関係の相手であれば何か一言付けてもいいかもしれません。

<松の内以降>

松の内の1月7日までに間に合わない場合は、寒中見舞いとして出すようにしましょう。

寒中見舞いとは、その名の通り気候の寒さや相手の健康などを気遣ってはがきを送ることで、1月5日の小寒~2月3日の立春までに出すものとされています。

注意点としては余った年賀状を使わないようにする事で、郵便局やコンビニなどでも寒中見舞い用のはがきが売っているので、それを利用するのもいいと思います。

喪中の相手に送ってしまった場合

f:id:favorite358:20171206000630j:plain:w500

年賀状を出した後に「喪中のはがきが来ていた人に出してしまった!」

なんていうこともあったりしますよね。

親しい間柄ならまだしも職場関係や目上の方だとかなり焦ります。

そんな時はどうすればいいのでしょうか?

対処法としては3つあります。

<年賀状を郵便局から取り戻す>

まだ年賀状が郵便局にある場合は、取り戻すことが出来るそうです。

手数料が500円ほどかかるようですが、本人確認できるものと相手の名前と住所がわかるものを持って郵便局に行けば取り戻すことが可能な場合もあるようです。

<寒中見舞いを出す>

郵便局から取り戻すことが不可能で、もう相手に送られてしまった場合は、寒中見舞いを松の内の時期以降にお詫びの言葉とともに出すといいそうです。

<相手に電話をする>

寒中見舞いを出す前に相手と顔を合わせてしまう場合などは、電話でお詫びをすることがいいそうです。

「喪中と伺っていたのに年賀状を出してしまったこと」をしっかりお詫びしましょう。



実は本来、喪中はがきとは「身内が亡くなったため、こちらからは新年の挨拶が出来ません」という意味を持つものなので喪中の方に年賀状を送ることは必ずしもNGではないようです。

とはいえ実際は喪中の連絡をいただいたら、年賀状は出さないほうが常識的とされているようです。

賀詞の選び方

f:id:favorite358:20171202124523j:plain

「謹賀新年」や「賀正」など、年賀はがきには必ず入っていますよね。

それらの言葉はお祝いの意味を表す言葉で「賀詞」と呼ばれています。

とはいえ、色々な言葉がありすぎてどれをどう使っていいものか迷ったりしませんか?

実はこの賀詞、送る相手に合わせて選んだ方がいいそうです。

それぞれ紹介していきますね。

<目上の人に送る年賀状>

会社の上司など、自分よりも目上の人に送る年賀状には

● 謹賀新年、恭賀新年

● 謹んで新春のお慶びを申し上げます

「謹んで祝う」ということで、目上の人に送る際に多く使われているようです。


<目下の人に送る年賀状>

● 賀正

● 初春

● 迎春

などの二文字の賀詞になります。
二文字の賀詞は、お祝いの言葉を簡略化して表したものになるため目上の人に送ると失礼にあたるとされているようです。


<誰に対しても使用できる賀詞>

● あけましておめでとうございます

● 新春のお慶びを申し上げます

などになります。


賀詞もきちんと考えて選ばなければいけないですね。

小さい頃何も考えずにペタペタと賀詞のハンコを押していました、反省です!


実は賀詞についてはまだ注意点がいくつかあります。

<賀詞の重複>

お祝いの言葉である賀詞が重複してしまっていることもあるようです。

例えば

「新年あけましておめでとうございます」は

「新年」と「あけまして」が同じ意味となるため重複していることになります。

正しくは

「あけましておめでとうございます」や「新年おめでとうございます」になります。

さらに年号についても注意が必要で

「一月元旦」や「正月元旦」についても

「元旦」と「一月一日」が同じ意味になることから重複していることになります。

正しくは

「一月一日」や「元旦」のみになります。


<Happy New Yearにも注意>

親しい友達などには「Happy New Year」などと書かれた年賀はがきを送ることも多いですよね。

その際の注意点としてHappy New Yearの前に「A」を付けることはNGです。

「A Happy New Year」としてしまうと「良いお年を」という意味合いになるので、クリスマスや年末などに使う言葉となります。

賀詞選びも色々ありますね。

これからは相手に合わせて賀詞を選んでワンランクアップした年賀状を送りたいですね。

余った年賀状の使い方

f:id:favorite358:20171202123821j:plain:w400

万が一のため、多めに用意しておく年賀状。

大抵は余らせることになりませんか?

または書き損じたりプリンターの不具合で印刷に失敗した年賀状も必ず数枚は出てきますよね。

そんな年賀状はどうしていますか?

余った年賀状の使い方をまとめてみました。

<郵便局で交換してもらう>

年賀はがき1枚に付き5円の手数料がかかってしまいますが、はがきや切手に交換してもらうことが出来ます。

書き損じや失敗したはがきも交換してくれるので「あー、失敗した!」と破って捨てたりしないほうがいいですよ。

<懸賞用のはがきとして使う>

はがき自体は年賀となっていてお正月のモードではありますが、普通にはがきとして使う分には何の問題もありません。

懸賞などでたくさん応募したい場合などに使うといいかもしれませんね。

ただ、注意点としては

  • 表面の年賀の部分は二重線で消しておく
  • 年賀はがきのお年玉の懸賞が当たっていないか忘れずにチェックする

もし、懸賞に送ったはがきがお年玉に当選していたら悔しいですよね。

<寄付する>

ユニセフなどの様々な団体では、余った年賀はがきや書き損じの年賀はがきの寄付を募っています。

切手などに換金してそれを支援金として利用するそうです。



様々な利用方法があるので、しっかりと有効活用したいものです。

ただ、一枚は手元に残してはがき用のホルダーなどに保管しておくと毎年の素敵な記念になるのでおススメです。


《ネット印刷ならこちらもおすすめ》
印刷のことなら総合印刷通販のラクスル

まとめ

いかがでしたか?

毎年送っていた年賀状ですが、意外と知らないことも多くありましたよね。

少し忙しい時期の作業ではありますが、年賀状のマナーをしっかりマスターして心を込めて新年の挨拶を送りしましょう!

今年は投函時期に、くれぐれも注意してくださいね!

スポンサードリンク