joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛、女性の気になるテーマをなんとなく綴っていく雑記ブログです★男性にも読んで欲しいテーマもありますよ!

パクチー好き?嫌い?その栄養価と効果効能を徹底調査!

f:id:favorite358:20171218232418j:plain

パクチー、流行ってますよね!

タイ料理などのエスニック料理には欠かせない香草になるのですが、女性達の間で大人気となっていて「パクチスト」や「パクチー女子」などと呼ばれています。

その一方で「絶対無理!」

と強く嫌う人がいるのも事実で好き嫌いがかなりハッキリ分かれるちょっと珍しい食べ物かもしれません。

あの独特な香りを持つパクチー…あなたは好きですか?嫌いですか?

今回はそんなパクチーについて調べてみました。

読み終える頃にはパクチーが大好きになっているかもしれませんよ!

パクチーとコリアンダーの違い

f:id:favorite358:20171223002134j:plain:w500

パクチーと似たような香草にコリアンダーってありますよね。

その違いってご存知ですか?

コリアンダーとは主にカレーなどのスパイスとして使われているものになるのですが、実はコリアンダーとパクチーは同じ植物なのだとか。

英語を使う国では「コリアンダー」と呼び、タイ語では「パクチー」と呼ばれているそうです。

どうして日本ではその同じ植物を2つの名前で呼んでいるのかというと、タイ料理などのエスニック料理が流行った際に「パクチー」としてやってきて、一方で同じ香草ではあるものの、欧米の料理とともに「コリアンダー」として日本にやってきたため、日本ではふたつの名前が存在しているそうです。

パクチーとコリアンダーが同じ植物とは驚きですよね!

とはいえパクチーとコリアンダーの使い方にはそれぞれ違いがあるようで

コリアンダー

熟した種子を乾燥させたもので、クセが少なく、カレー、シチュー、ソーセージなどのスパイスとして使われるほか、パウダー状のものは焼菓子などにも使われる

パクチー

生で食べることが多く、その香りや食感が大きな特徴

となるようです。

ちなみに中国ではパクチーのことを「香菜(シャンツァイ)」と呼んでいるそうですよ。

パクチー好き?嫌い?

f:id:favorite358:20171222234055p:plain

好き嫌いがわかれるパクチーですが見た目はフレッシュな野菜ではあるものの、その強い香りが「好き派・嫌い派」をパックリとわける要因となっています。

主な意見としては

パクチー好き派

● 爽やかな香りや味

● 様々な香草類を混ぜ合わせたような味

● 強い香りのわりには、いざ食べてみるとそれほどクセがない

● 一度食べると止められない

パクチー嫌い派

とにかく「あのクセのあるニオイがダメ」という意見が多く

そのたとえとして

● カメムシ

● どくだみ

● 芳香剤

● 洗剤

などで、特に「カメムシ」との意見が多いようです。

実は私も苦手で、カメムシのニオイがします…。

パクチーの栄養価と効果効能

f:id:favorite358:20171219003417p:plain

なぜ女性達の間でパクチーがこれほどまでに人気が出たのかというと、それはパクチーが持つ栄養価の効果効能にあります。

モデルや有名タレントが「美容や健康に良い」とパクチーを食べ出したのがブームの始まりなのだとか。

そんな気になるパクチーの栄養価とその効果効能を紹介したいと思います。

<抗酸化力>

体内を錆びつかせる老化の原因「活性酸素」。

この活性酸素の増加を抑えてくれる働きをするのが「抗酸化力」になるのですが、パクチーにはこの抗酸化力が大豆の約10倍もの量が含まれているそうです。

活性酸素は老化現象だけでなく

● シミ、そばかす、シワ
● 動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞
● ガン
● 糖尿病

などの原因にもなるそうで、この活性酸素を抑える機能は年齢とともに減っていってしまいます。

そのため体の外から抗酸化力を持つ食品を摂取する必要があるのですが、パクチーはその抗酸化力が多く含まれているので活性酸素を除去してくれる嬉しい効果が期待できるようです。

<ビタミンB1>

パクチーにはビタミンB1も多く含まれています。

ビタミンB1は糖質を代謝してエネルギーにする効果があります。

また、それ以外にも

● 疲労回復
● 夏バテの予防
● 脳神経機能の維持

などの効果も期待できるようです。

<βカロテン>

緑黄色野菜に多く含まれる栄養素です。

ビタミンAに変化して粘膜の免疫力をアップさせ、様々な細菌やウイルスから体を守ってくれます。

その他

● 夜尿症の予防
● 視力低下の予防

などの効果も期待できるそうです。

<カリウム>

むくみや高血圧に効果的な栄養素といえばカリウムです。

体内の余分なナトリウムを排出してミネラルのバランスを整えることで、むくみや高血圧を予防してくれるそうです。

利尿作用も期待できるのでデトックス効果もあるようですよ。

<キレート作用>

様々な栄養素を持つパクチーですが、特に注目を浴びているのがこの「キレート作用」です。

これは

● カドミウム
● 水銀
● ヒ素
● 鉛
● 放射性物質

などの有害な重金属などを体の外へ排出する作用のことで、パクチーにはこれが多く含まれているため体のデトックス効果が期待できるようです。

<ゲラニオール>

これはパクチーが持つ香りの成分のひとつです。

パクチーのあの独特の香りに含まれているゲラニオールには、女性ホルモンのひとつエストロゲンの働きを高める作用があるそうで

● ホルモンバランスを整えてくれる
● 更年期障害の予防

などの効果が期待できるようです。

パクチーには女性にとって嬉しい効果や効能がたくさん含まれているのですね!

女性に人気の秘密が少しわかった気がします。

パクチー嫌いは遺伝子と関係がある?

f:id:favorite358:20171222235950j:plain

パクチーが嫌いな人は「とにかくあのニオイが苦手」という人が多いのですが、実はこの「ニオイ」に対する苦手意識や嫌悪感は遺伝子が関係しているという説があるようです。

SciShowというYoutubeのチャンネルで行われた検証によると、パクチーのニオイが苦手な人は通常の人とニオイを感知する遺伝子が違っていて、パクチーが持つ「アルデヒド」という成分に特別な反応をしてしまう嗅覚を持つため、パクチーのニオイを石鹸のニオイと認識してしまうそうです。

この特別な反応をする嗅覚を持つ人は世界の人口に4~14%いるそうで、遺伝子が「どうしても、パクチーは無理!」と言っていることになるそうです。

パクチー嫌いの人がみんなこの遺伝子を持っているわけではないようですが

「どうしても、どう転んでも、どんなに頼まれても、パクチーは絶対に無理!」

と思う場合はひょっとしたら遺伝子が関係しているのかもしれませんよ。

パクチー克服法

f:id:favorite358:20171223000518j:plain

遺伝子がパクチー嫌いの原因だとしたらちょっと克服は無理な感じもしますが、そこまで嫌いではない場合、体に嬉しい効果がたくさんあるパクチーです。

ちょっと食べられるようになりたいものですよね。

パクチーを克服する方法を調べてみました。


<乾燥させるか、熱を加える>

乾燥させたり、加熱したりすることで、あのニオイが軽減されます。

無臭とまではならないようですが、生で食べるよりはずっと食べやすくなるようです。

<濃厚な料理にIN>

パクチー嫌いな人にとっては「パクチーを入れると、料理がパクチーのニオイや味しかしなくなる」という思いがあるのではないでしょうか?

大抵の料理はパクチーに負けてしまいます。

なので出来る限り濃厚な料理に入れてみるのがいいそうです。

特にカレーはパクチーに負けないくらい濃厚なうえ、熱を加えることでニオイも抑えられるのでおすすめです。

<薬だと思って食べてみる>

どんな手立てを尽くしてもやっぱりあのニオイが…となるのなら、美味しく食べるのを諦めるのも一つの方法です。

あれだけの栄養価があるパクチーです。

もはや「薬」だと思って食べてみましょう!

良薬、口に苦し。

意外と慣れて食べられるようになるかもしれませんよ。

<種から育ててみる>

子供が嫌いな食べ物を克服するのにその食材を使って料理を作らせる方法があるってご存知ですか?

自分で作ってみることで愛着がわき、食べられるようになることがあるそうです。

それを真似してパクチーを自分で栽培して育ててみるのはどうでしょうか?

愛情を持って育てることでいつしか愛着が湧き、ふと、食べられるようになるかもしれませんよね。

まとめ

パクチーの効果効能はすごいですよね。

女性ならぜひとも取り入れたい食品であることは間違いないです!

ただ、ニオイが…。

パクチー人気がすごいとはいえ、やはり半数以上の人はパクチーに苦手意識を感じているようです。

私も苦手なのですが今回パクチーの魅力を知って少しチャレンジしてみようかな?と思い始めました。

みなさんもパクチーで体内をデトックスして、健康な体を手に入れちゃいましょう!

スポンサードリンク