joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛

野菜くずが栄養満点の出汁に!「ベジブロス」の驚きの効果や作り方

f:id:favorite358:20171205234806j:plain

料理に使う野菜の皮や種などはどうしていますか?

捨ててしまう方が多いと思いますが、実はこの野菜くずからは栄養満点の出汁が取れて、捨てるのはもったいないんです!

作り方も簡単なので、効果を知ればすぐに始めたい!

と思うかもしれません。

そんな「ベジブロス」について紹介していきます。

ベジブロスとは?

f:id:favorite358:20171206001127j:plain:w500

ベジブロスとは普段は捨ててしまうような野菜の皮や根っこ、茎やヘタなどから取れる出汁のことです。

野菜の甘みや旨味がたっぷり取れて、スープや炊き込みご飯など通常の出汁と同じように使えて料理を美味しくしてくれます。

更に、美味しいだけではなくこの皮や根っこなどにはたくさんの栄養が詰まっていて、特にファイトケミカルという成分を豊富に含みます。

このファイトケミカルは植物が外部の刺激から身を守り、成長するために必要な成分で強い抗酸化力や免疫力アップなどの効果が期待できます。

加熱することにより細胞壁が崩れて溶け出しやすい状態になるため、ベジブロスはファイトケミカルを効率よく吸収することができるようです。

ベジブロスの効果

f:id:favorite358:20171206000920j:plain:w500

《抗酸化力》

ファイトケミカルには強い抗酸化力があり、老化の原因である活性酸素の働きを抑え、シミ、シワなど体の老化を防いでくれます。

また、肌を健康に保ち、生まれ変わりやすい状態を作り美肌効果も期待できます。

《免疫力アップ》

ファイトケミカルには免疫細胞を活性化させたり、体の調子を整える働きがあり、外部から侵入するウイルスや細菌を撃退する力をアップさせるようです。

風邪予防にも効果的です。

《抗がん作用》

強い抗酸化力で細胞の酸化を防ぐことは細胞のがん化を防ぐことに繋がるようです。

野菜に含まれるビタミンやミネラルを摂ることで更に効果が上がることが期待できます。

ベジブロスの作り方

f:id:favorite358:20171205235751j:plain

ベジブロスは家にある野菜で簡単に作ることができますよ。

〈材料〉

  • 野菜くず: 両手いっぱいくらい
    (最低5種類以上入れるとそれぞれの野菜の旨味が出ておいしくなります)
  • 水:1L
  • 料理酒 :小さじ1

〈作り方〉

  1. 野菜はよく洗い、大きめの鍋に水、酒と一緒に入れ、煮崩れしないように気をつけながら弱火で20〜30分煮込みます。
    酒は野菜の臭みを消し、旨味を引き出します。
    アクも大事な栄養なので取らなくても大丈夫です。

  2. 色が出てきたらザルで濾して出来上がりです。

冷蔵保存なら1週間を目処に使い切りましょう。

製氷皿で冷凍保存をすれば少量ずつ料理に使うことができますよ。

ベジブロスに向いている野菜と向いていない野菜

f:id:favorite358:20171206000133j:plain

ベジブロスに向いている野菜は

● 玉ねぎ

● にんじん

● じゃがいも

● トマト

● セロリ

● しいたけ

● 大根などの皮や根っこ、ヘタなど

香りのいいセロリやパセリを入れると美味しくなりますよ。

向いていない野菜は

● ゴーヤの種

● ブロッコリーやカリフラワーの芯など、においやアク、苦味の強い野菜

● なすや紫キャベツ、紫玉ねぎなど色が出やすい野菜

においや苦味のある野菜を使いたい時は少量にしたり他の野菜と合わせるのがおすすめです。

おわりに

いつも捨ててしまっていた野菜の皮や種が栄養満点のスープになるなんて驚きですよね。

野菜くずは料理の途中で出るものなので、特別用意することなく健康に役立てることが出来ます。

作り方も簡単なので野菜くずが出たら捨ててしまわずに、是非一度ベジブロスを作ってみてくださいね!

スポンサードリンク