joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛、女性の気になるテーマをなんとなく綴っていく雑記ブログです★男性にも読んで欲しいテーマもありますよ!

アップルソースの作り方や栄養効果、レシピを紹介します!

f:id:favorite358:20170918174955j:plain

ネイチャースイートソースが話題になっています。

砂糖よりもヘルシーで素材を丸ごと使うことができて、ダイエットだけでなく、美容や健康にも良い効果があります。

ここでは中でも人気のアップルソースについて紹介していきます。

アップルソースとは?

f:id:favorite358:20170912225503j:plain

アップルソースとはりんごを煮てすり潰しペースト状にしたものです。

りんごと水だけで作ることができるのでヘルシーな上、りんごの栄養を丸ごと使うことができます。

家庭でも簡単に作ることができ、アメリカやイギリスの家庭ではおやつや料理などに使う定番のソースとなっています。

アップルソースの栄養と効果

f:id:favorite358:20170918181931j:plain

アップルソースに含まれる栄養とその効果について紹介していきます。

★ 果糖

アップルソースに含まれるのは果糖なため、砂糖よりも低カロリーで血糖値の上昇もゆるやかにできます。

また、果糖には体内の毒素を排出する働きがあるということがわかっています。

★ ペクチン

アップルソースには1カップあたり約2.7gの食物繊維が含まれます。

中でも水溶性食物繊維のペクチンは腸内環境を整えるので便秘や下痢の症状の改善が期待できます。

また、コレステロールの吸収を抑える働きもあります。

★ リンゴポリフェノール

リンゴポリフェノールは消化吸収を抑え、血中のコレステロールを下げる効果や脂肪の蓄積を抑える効果があり、生活習慣病の予防が期待できます。

また、強い抗酸化作用がありシミやシワを予防することでアンチエイジング効果や美肌効果、ガンの予防も期待できます。

★ リンゴ酸

新陳代謝を上げ疲労回復を促す効果が期待できます。

体を弱アルカリ性に保つことで自然治癒力をアップさせます。

★ カリウム

余分な水分や塩分を排出します。

むくみや高血圧に効果的です。

アップルソースの作り方

f:id:favorite358:20170918183605j:plain

アップルソースは家庭でも簡単に作ることができます。

(材料)

リンゴ 3つ
水 50〜75cc


(作り方)

  1. リンゴの皮をよく洗い縦に4等分に切ったら芯と種を取り除き、5mm程度に薄く切っていきます。

  2. 鍋にリンゴと水を入れて火にかけ、沸騰したら弱火で煮込んでいきます。

  3. 水分が無くなりジャム状になったらザルでこします。

  4. 保存容器に入れ粗熱が取れたら冷蔵庫で保存します。

アップルソースを使ったレシピ

f:id:favorite358:20170918184320j:plain

アップルソースはお肉料理にも良く合います。
アップルソースを使ったお肉に合うソースを紹介します。


■ 鶏肉のソテーに

鶏もも肉を焼いた後のフライパンにアップルソース大さじ2、しょうゆ大さじ2、白ワインまたは酒大さじ3を入れ弱火で煮詰めていきます。

水気が少し減ったら完成です。

ソテーにかけていただきましょう。

■ 豚の生姜焼きに

おろししょうが大さじ1、酒大さじ1、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ2、アップルソース大さじ2を混ぜ豚肉を10分〜15分ほどつけた後、弱火で焼いていきます。

火が通ったら漬けダレをフライパンに入れ、ひと煮立ちさせて完成です。

おわりに

アップルソースは、市販の物や、手作りでも甘さが違ってくるので足りない時は砂糖やはちみつなどで調節してみて下さい。

他には唐揚げの下味や酢とお好きなオイルと合わせてドレッシングにしたり、パンケーキやクッキーに混ぜたりと使い道は様々です。

自分でオリジナルのレシピを見つけてみるのもいいですね。

スポンサードリンク