joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛、女性の気になるテーマをなんとなく綴っていく雑記ブログです★男性にも読んで欲しいテーマもありますよ!

白と黒どっちがいいの?日傘の効果と色や素材での違いってなに?

f:id:favorite358:20170814235331j:plain

紫外線対策として日傘を使ってる人はよく見かけますよね。

日差しが強い日はあればよかったなと思うこともありますが、

日傘って実際どのくらい効果があるのか、

色や素材にも種類があるけどどう違うのか、

気になりますよね?

そんな日傘についてまとめてみました。

日傘の効果とは?

f:id:favorite358:20170815001300j:plain

日傘の表示で遮光率UVカット率が書かれていますがこの2つの効果は違うものになります。

遮光率とは人の目に見える光(可視光線)をカットする率のことで、直射日光を遮り、眩しさや暑さを和らげます。

日傘をささない場合より涼しく感じられ熱中症予防にもなります。


UVカット率は目に見えない紫外線をカットする率です。

高いほど肌に当たる紫外線を減らせるので日焼けしにくく、シミ対策にもなります。

また、日焼け止めクリームを塗ることができない頭皮や髪の毛も紫外線から守ることができます。

ただし、上から浴びる紫外線には対応できますが、地面からの照り返しによる紫外線はカバーできないので日焼け止めと併用して使いましょう。

紫外線は肌の細胞を壊し老化を進めます。

一度浴びたら消すことはできないので蓄積されていき、シミ・シワの原因にもなります。

カバーしたい目的によって遮光率とUVカット率を気にしてみるといいですね。


色による効果の違いは?

f:id:favorite358:20170815001501j:plain

日傘ではよく白色や黒色の物を見かけますがそれぞれでどんな効果があるのでしょうか?


は光を反射させます。

見た目も涼しげで紫外線を反射してカットしますが、繊維の隙間から光や紫外線が漏れやすく、地面からの照り返しが傘の内側でも反射し顔に当たってしまうというデメリットがあります。


は光や紫外線を吸収することでカットします。

白に比べるとカット率が高いです。

地面からの照り返しも吸収してカットできますが、熱も吸収してしまうので暑く感じます。

どちらもメリット、デメリットがありますがいちばん効果的なのは外側が白色、内側が黒色のもので、上からの光や紫外線を反射してカットし、照り返しは吸収して顔に当たるのを防ぎます。


日傘の素材による違いや使える期間は?

f:id:favorite358:20170815002203j:plain

絹や綿、麻などの天然素材には生地にUV加工がされており、使っていくうちに生地が劣化していきます。

その結果、紫外線が入りやすくなったり、陽に当たり続けることで色褪せなども起こります。

そのため寿命はだいたい2,3年ほどと見ていた方がいいでしょう

保管環境にもよるので、しっかりと乾燥させ、陽に当たらない場所で保管しましょう。

ポリエステル素材のものはUV加工がされていなくても約9割の紫外線をカットすることができます。

これは雨用の傘でも濃い色のものであれば同じです。

劣化しづらいため長く使うことが可能です。

ただ、ポリエステルは熱を伝えやすい素材なので傘の内側が暑くなりやすいです。

逆に天然素材のものは光を繊維に留めるので熱を通しづらく、涼しく感じられます。


さいごに

日傘は持って歩くのが少し面倒に感じるかもしれませんが、日焼け止めクリームだけでは守れない肌の部分や熱中症にも効果があります。

デザインや生地も様々あるので、暑くて出かけるのが億劫な日はお気に入りの日傘を持って、気分を上げて出かけてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク