joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛

成長ホルモン(HGH)とはいったいなに?副作用や若返り効果など

f:id:favorite358:20170915230120j:plain

「成長ホルモン」ってご存知ですか?

子供の身長を伸ばすイメージはあるけど・・他にもなにか働きがあるの?

そうなのです!

成長ホルモンとは、成長期の子供の体を成長させてくれる働きと私達大人にとっても体内にある物質をエネルギーとなる物質へと変えていく「代謝」という働きをしてくれる、とても重要な働きをしてくれるホルモンなのです。

「代謝がいいから痩せやすい」とか「代謝が悪くて風邪がなおりにくい」など聞いたことはありませんか?

そんな、私達の代謝調節にも関わっている大事な「成長ホルモン」について調べてみました。

一緒に見ていきましょう。

成長ホルモン(HGH)の基礎知識

f:id:favorite358:20170915230738j:plain

成長ホルモンとは体内でつくられる成分でその種類は100種類以上もあります。

正式にはヒト成長ホルモン、Human Growth Hormone(ヒューマン・グロース・ホルモン)でHGHと呼ばれています。

この成長ホルモンの血液濃度は13歳から17歳のいわゆる「思春期」と言われている時期がピークで、その後は低下の一途をたどってしまうようです。


■ 成長ホルモン「幼少期」の働き

身長を伸ばす筋肉の発達、代謝の促進などの働きをします。

低身長症など先天的な病気などで成長ホルモンが正常に分泌されない場合、病院にてホルモン療法などの治療を行うことがあるようです。


■ 成長ホルモンの「青年期以降」の働き

先にも触れましたが代謝能力を促進します。

この代謝能力の促進は免疫力アップ、細胞の修復など私達の元気な体の基盤には欠かせない働きをしてくれているのです。

ただ加齢とともに成長ホルモンは減少していき、特に25歳から30歳にかけて急激に減少し30歳を過ぎると10年ごとに約1/4ずつ減少してしまうようで、これが老化に繋がっていくのです。

そのことから抗老化=アンチエイジングを願う女性たちの間では密かにブームとなっているようです。


成長ホルモンと聞くと成長期や思春期の子供のホルモンのイメージがありましたがそれだけではなかったのですね。

恐るべし、成長ホルモンのパワーです。

期待できる効果は?

f:id:favorite358:20170915231129j:plain

成長ホルモンにはたくさんの大きな働きがあることがわかってきました。

健康、アンチエイジング、美肌など具体的にはどんな効果があるのでしょうか?

ここでは私達大人への様々な効果をいくつか挙げてみますね。


■ 体力面への効果

筋肉量の維持や増加、骨の強化、エネルギーやスタミナの強化などがあるようです。

毎日の肉体疲労が軽減されますよね。


■ 美容面への効果

コラーゲン繊維の形成による皮膚弾力の増加、脂肪やシワの減少、発毛などの効果があるようです。

女性にとってはとても嬉しいですよね。


■ 精神面への効果

やる気や集中力の増加、更年期障害の減少などの効果があるようです。

精神面が安定することにより、明るくポジティブな生き方ができますよね。


■ 身体面への効果

脂肪分解の促進、免疫力の向上、骨粗鬆症の改善、視力強化などの効果があるようです。


すべて老化とともに訪れてくる現象…成長ホルモン、大切にしたくなりますよね!

成長ホルモンの分泌をアップさせるには?その安全性や副作用は?

f:id:favorite358:20170831234429j:plain

成長ホルモンをアップさせるにはどのような方法があるのでしょうか。

先にも触れた子供の低身長症などの場合は病院での治療、ホルモン注射が中心となるようです。

その場合発疹、注射部位のへこみ、頭痛、吐き気、痙攣、骨や関節の痛みなどの副作用が出ることもあるようなのでその際は必ず医師に相談することが大切です。

また、大人が美容目的で成長ホルモンを直接投与することも出来るようで、日本でも一部の美容外科で成長ホルモンの注射投与を行っているようです。

ただ一か月で10万円以上の料金がかかること、成長ホルモンを直接投与する為安全面からも定期的な検査は必須です。

サプリメントや舌下投与スプレーなどもあるようですが、成長ホルモンの大量摂取には注意が必要なことと、海外の成長ホルモンンのサプリメント、特にアメリカで作られているサプリメントについてはまだ日本では認可されていない成分が含まれていることも多くあるので、十分な注意が必要です。

もしサプリメントを購入する場合は日本製を選ぶようにしたほうがよさそうです。

どんな方法を選ぶにしても自己責任のもと、しっかり下調べをしてから始めることが大切ですよね。

まとめ

コラーゲンやプラセンタほど日本ではまだ馴染みのない言葉の成長ホルモンですが、海外セレブはもうとっくに取り入れているのだとか。

馴染みのないぶん、成長ホルモンを直接投与するにはまだ少し躊躇してしまうところかもしれません。

ちなみに日頃の生活習慣でも成長ホルモンの分泌をさせることは出来るのですよ。

例えば

  • 空腹時に食事をする
  • 良質な睡眠を心掛ける
  • 有酸素運動をする
  • ストレスをためないようにする

などが成長ホルモンの分泌をアップしてくれるようです。

規則正しい生活習慣が大切ということですね。

まずはそのあたりを見直して元気で若く美しい体づくりをしてきたいですよね。

そうそう、恋愛も成長ホルモンの分泌をアップさせてくれるのだとか。

ハッピーな恋をして、ますます綺麗に!

そして、さらなるハッピーを呼び込んじゃいましょう!

スポンサードリンク