joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛、女性の気になるテーマをなんとなく綴っていく雑記ブログです★男性にも読んで欲しいテーマもありますよ!

目の下のクマには種類がある?!気になる原因と解消方法

f:id:favorite358:20171020005256j:plain

寝不足が続いたり体調不良だったりすると、目の下のクマが気になりますよね?

実は目の下のクマには種類があり、原因もそれぞれ違います。

睡眠不足が原因だと思っていてもそれは違うかもしれません。

目の下のクマについて原因や改善方法についてまとめてみました。

目の下のクマ、種類と原因

f:id:favorite358:20171020005334j:plain

目の下のクマは3種類に分けられます。


〈 青クマ 〉

もっとも多いタイプです。

目の周りにはたくさんの毛細血管があり、血流が悪くなり滞ることで起こるのだとか。

寝不足などの不規則な生活習慣やホルモンバランスの乱れ体調不良、パソコンやスマホを見続けることによる目の疲れなどが原因で、これらが目の周りに血行不良を起こし、黒ずんだ血が静脈内に溜まるようです。

目の下は皮膚が薄いため透けて青くクマとして目立ってしまいます。

色素の薄い色白の人や肩こり、冷え性、頭痛持ちの人に多いようです。


〈 黒クマ 〉

目の下には眼窩脂肪があり、眼球を守るクッションの役割をしています。

歳を重ねることでこの眼窩脂肪を支える筋肉が弱くなり前に出てきます。

すると、凹みができるため影になり黒く見えてしまいます。

むくみがちな人に多く、むくみが続くと皮下脂肪が垂れ下がり、更に黒クマが目立ってしまいます。

〈 茶クマ 〉

目の下の皮膚は薄いためダメージを受けやすく、メイクを落とす時や洗顔時の摩擦紫外線からのダメージによりメラニン色素が沈着し、茶色いシミになります。

また、乾燥などにより肌のターンオーバーが乱れることでメラニン色素が蓄積し、シミの原因になるようです。

目の下のクマの改善方法

f:id:favorite358:20171020010803j:plain:w500

では、それぞれのクマの改善方法について紹介していきますね。

一緒にみていきましょう!

〈青クマの改善方法〉

青クマは血行不良が主な原因なので血流を良くすることが大切になってきます。

指先にクリームをつけ優しく目の周りをぐるっと囲うようにマッサージします。


薬指を使うと力が入りすぎないのでおすすめですよ。


またホットタオルを目にのせてリラックスすることも効果的です。

冷たい飲み物や食べ物、甘い食べ物ばかり食べると冷え性を悪化させるので食べ過ぎには注意ましょう。

運動不足は筋力が低下し血流を悪くします。


適度な運動を取り入れるように心がけましょう。

血液をサラサラにする食べ物もおすすめです。


葉酸や鉄分を含むレバー、モロヘイヤ、ほうれん草、小松菜、ひじきなど積極的に摂るといいようです。

パソコンやスマホを長時間見ることは目の周りの血流を悪くします。


仕事で必要な時は休憩を挟みながら行いましょう。


〈黒クマの改善方法〉

加齢が原因によるところが大きいのでアンチエイジングケアをしましょう。

アンチエイジング効果のある抗酸化物質を含む食べ物、大豆系食品、ブロッコリー、トマトなど緑黄色野菜などを摂るといいようです。

むくみがあると目の下がたるみやすくなります。


マッサージなどでリンパの流れを良くし老廃物を流しやすくしましょう。

表情筋が衰えると肌のハリがなくなりたるみやすくなります。


顔の筋肉を大げさに動かし「あいうえお」と何度か発音しましょう。


やりすぎはシワの原因になるので適度に行います。


また無表情でいることも表情筋が衰える原因に。


笑顔を心がけましょう。


〈茶クマの改善方法〉

シミが原因の茶クマは美白ケアが重要です。

ビタミンC誘導体が配合された化粧品がおすすめです。


また、色素沈着を防ぐには夏だけでなく春秋冬もUVケアを忘れずに。


紫外線は常に降り注いでいます。

メイクの汚れ残しも色素沈着の原因になるようです。


しっかり落とし、デリケートな目の下の肌に負担をかけないようスキンケアは優しく行いましょう。

ビタミンCを多く含む食材を摂りましょう。


メラニンの生成を抑えシミを防ぐ効果が期待できます。

おわりに

目の下のクマには種類がありそれぞれで原因も改善方法も違うことがわかりました。

まずは自分はどの種類なのかを調べて、最適な改善方法で目の下のクマとさよならしちゃいましょう!

スポンサードリンク