joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛

乾燥ケアでプルプル唇に!オススメのグッズや人気のリップクリーム

f:id:favorite358:20180314233450j:plain

プルプルの唇って憧れませんか?

それだけで美人度がグッとアップする気がします。

でも現実はちょっと気を抜くと、ガサガサ…。

なんてことも多いのが、正直なところかもしれません。

乾燥して荒れた唇に口紅やリップを塗ることで、却って見苦しくなったりすることもあります。

その上、意外と目が行きやすいパーツでもある、唇。

今回はそんな唇の乾燥や荒れてしまう原因、その対策について調べてみました。

プルプルの唇をキープする秘訣とは?

プルプル唇をゲットして、美人度をアップさせちゃいましょう!


唇が乾燥してしまう原因

f:id:favorite358:20180314233647j:plain

唇は顔の中でとても目が行きやすいパーツであると同時に、とても敏感な部分でもあります。

唇には皮脂腺がないため、外からの刺激を守ってくれる皮脂膜が作れず水分がすぐに蒸発してしまい、ガサガサに乾燥してしまいます。

また、特に唇の乾燥が著しい場合はクセや習慣などが原因となっている場合もあります。

そこで唇が乾燥してしまう具体的な原因をいくつか挙げてみたいと思います。


<空気が乾燥している>

これは容易に想像がつきますよね。

空気が乾燥する冬の季節や常にエアコンが稼働している職場などでは、唇は乾燥しやすくなります。

唇は皮脂膜がないうえに角質層と呼ばれる肌のバリア機能も薄いため、空気が乾燥していると唇の水分はどんどん蒸発しガサガサに乾燥してしまいます。


<唇をなめるクセがある>

唇をペロっとなめるクセがある人、時々見かけますよね?

唇が乾燥しその対策として唇をなめて湿らすことで緩和しようとする目的もあるのかもしれませんが、それは逆効果になってしまいます。

唾液の水分が蒸発する際に、唇の水分も一緒に蒸発してしまうことと、唾液による刺激で乾燥してしまうことになります。

悪化するとひび割れや赤くなったりすることもあるので注意が必要です。


<口呼吸>

風邪を引いていたり、花粉症の時期などで鼻の調子が悪かったりするときは口呼吸になってしまいがちですよね?

この口呼吸も唇の乾燥の原因になることがあります。

口を開けて呼吸をする際に空気が唇の上を通過して、水分が蒸発してしまいます。

風邪や花粉症なら一過性ですが、鼻炎など何かしら鼻に疾患があって常に口呼吸の人は気を付けた方がいいかもしれません。

特に冬場は乾燥してしまいがちなのでしっかりと水分補給をして体の中から潤していくことも大切です。


乾燥以外で唇が荒れる原因とは

f:id:favorite358:20180315000518j:plain

唇の荒れと言えば「乾燥」のイメージがありますが実はそれだけではありません。

とてもデリケートといわれている唇。

生活習慣なども関わっているようです。


<摩擦や刺激>

強い摩擦や刺激で唇が荒れてしまうこともあります。

例えば

● メイクがきちんと落ちていない

● メイクを落とすときに強くこすっている

● 食事の後などに強く拭いている

● 香辛料などの刺激物

● 歯磨き粉

など。

そういえばトマト系のパスタなどを食べた後にゴシゴシ拭いたりしているかも…。

無意識にしていることの中で少し見直すべきところがあるのかもしれませんね。


<体調が悪い>

皮膚は内臓の鏡と言われていることをご存知ですか?

特に先にも触れた通り唇は皮脂膜がないために乾燥しやすく、体の不調の影響をダイレクトに受けやすいそうです。

肌と一緒で特に胃腸が悪い時に唇が荒れることが多いようです。


<栄養バランスが悪い>

唇は日々の食事の影響も現れやすいです。

暴飲暴食やジャンクフードばかり食べていたりするのはもちろんNG。

唇もすぐに荒れてしまう可能性があります。

タンパク質やビタミンなどをバランスよく摂取することが大切で、特に皮膚などの粘膜をサポートしてくる栄養素としては

  • βカロテン
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6

で具体的な食材としては

  • 緑黄色野菜
  • レバー
  • 魚介類

などになります。

唇が荒れている時はどこか体調が悪かったり、栄養バランスが偏っていたりすることが考えられます。

唇の荒れは体からのサインなのかもしれません!

乾燥対策と共に生活習慣なども見直してみることも大切ですね。


唇の病気の可能性もある?

f:id:favorite358:20180315002633j:plain

唇の荒れは「口唇炎」といって唇自体の病気の可能性も考えられます。

「単なる乾燥による荒れだろう」と何度もリップクリームを塗ることで却って悪化してしまうことも。

症状としては

  • 赤く腫れる
  • 湿疹ができる
  • 皮が剥ける
  • 出血する

などで主な病気としては

「接触性口唇炎」「アトピー性口唇炎」があります。

それぞれの特徴としては

接触性口唇炎

唇に物質が付着することで刺激になって引き起こる炎症です。

この接触性口唇炎はさらに2つのタイプがあって

アレルギー性接触性口唇炎

薬、化粧品、マンゴー、虫歯治療の金属などアレルギーを引き起こす物質によるもの

一時性刺激接触性口唇炎

主に化粧品などに含まれる強い刺激物によるもの

などで特に一時性刺激接触性口唇炎については、唇の荒れを治そうと塗っていたリップクリームのメンソールなどが原因になることもあります。

アトピー性口唇炎

アトピー性皮膚炎と同じで

肌のバリア機能の働きが正常でないこと

外からの刺激やアレルギーなどへの反応

などにより口唇炎を引き起こし、繰り返してしまうことが多いようです。

アトピー性皮膚炎と同様に原因の特定はされていないようですが

  • 栄養バランス
  • 遺伝
  • 紫外線

などが原因になっているのではないかと言われています。


唇の潤いを保つ秘訣や対策

f:id:favorite358:20180315002656j:plain

ではプルプルの潤いある唇を保つにはどうすればいいのしょうか。

ぜひとも知りたいところですよね!

唇炎ではない理由で荒れている場合、まずはこれまで挙げた原因を改善していくことになるのですが

例えば

● 湿度を40~60度にキープする

● 栄養バランスのいい食事にする

● メイクは優しく落とす

(刺激の強いクレンジングなどではなく、オリーブオイルなどを使用するのもいいです)

● 常に唇には優しく接する

などです。

それプラス、時々唇のスペシャルケアをするのもおすすめで、その方法を2つ紹介したいと思います。

どちらも家にある物、もしくは入手しやすい物で出来るのでぜひ試してみてください。

リップのパック

5分程度で出来るおすすめのケアです。


<ワセリンとはちみつのパック>

  1. 蒸しタオルを唇にあてて唇を温める
  2. ワセリンとはちみつを1対1の割合で混ぜて唇に乗せる
  3. ラップで唇を覆い5分ほどおく
  4. ラップを外して拭き取る


<オリーブオイルとはちみつのパック>

  1. 蒸しタオルを唇にあてて唇を温める
  2. オリーブオイルを唇に塗る
  3. その上にはちみつを乗せる
  4. ラップで唇を覆い5分ほどおく
  5. ラップを外して拭き取る

です。

長時間はやらずに、拭き取る際は優しく拭き取ることが大切です。

また、刺激を感じたらすぐに中止してくださいね。

リップスクラブ

市販されているスクラブもありますが、自宅にあるものでも代用できます。


<はちみつと砂糖のスクラブ>

  1. はちみつと砂糖を1対1の割合で混ぜる
  2. 唇に乗せて優しくマッサージをする
  3. ぬるま湯で洗い流す


週に1~2回のケアでいいのですが、このスクラブは防腐剤などが入っていないためその都度作って使い切るようにしましょう。


唇の乾燥対策におススメのグッズ

f:id:favorite358:20180315003747j:plain

プルプル潤いのある唇をキープするためのグッズを調べてみました。

人気のリップやオイルなど、ぜひチェックしてみてください!


<ちょこっとオアシスプラス>

オフィスの乾燥は冬だけでなく、夏でも気になるところです。

そんなオフィスでも使えそうな乾燥対策グッズです。

コンパクトなケースに水を注ぐだけ!
場所もとらず電源もいらないのでデスクでも使えます。


<ワンダーハニー唇とろ蜜ゴマージュ>

手作りのスクラブもいいですが、ちょっとリッチに本格的なケアもいいですよね。

植物種子のスクラブで優しくマッサージすることで、プルプル薔薇色の唇に!


また、定番のリップクリームですが選ぶ際のポイントとしては

  • 長時間潤いが続く保湿力
  • 刺激の少ない無香料無着色のもの
  • 石油鉱物油などが無添加

人気のリップクリーム5選

<Dr.ハウシュカ リップケアスティック>

女性芸能人からの人気も高く、オレンジの色が特徴でホホバ油、シアバター、ミツロウなどの天然の成分がバランス良く配合され、紫外線予防効果もあるリップケアスティック。


<ジョンマスターオーガニック リップカーム >

長時間潤いがキープできて、オリジナルシトラス、バニラ、ペパーミント、ラズベリーの4つの香りから選べます。


<ベビーワセリンリップ >

赤ちゃんが使えるほど優しいリップクリーム。


<キュレル リップケアスティック>

唇の水分も保持しつつ、外からの刺激も守ってくれる密着コート処方が人気のリップクリーム。


<アベンヌ 薬用リップケアN>

温泉水、ミツロウ、シアバター、スクワランなどの天然成分が配合されている上に、紫外線からも守ってくれるリップクリーム。


他にも沢山の種類がある唇のケアグッズ。

どれがいいのか迷ってしまいそうですが「どれにしようかな…」あれこれ悩んでいるのも楽しいです。

お気に入りのグッズを見付けてしっかり唇のケアをしていきましょう!


ひまし油が合わない人もいる?

f:id:favorite358:20180315005948j:plain

「ひまし油」って聞いたことありますか?

トウゴマの一種でカスターオイルとも呼ばれていることが多いようですが、このオイル、便秘の改善や抗炎症作用、シミの改善、薄毛や白髪の予防などに効果があると言われていて美容に良いとされているオイルなのです。

市販されているリップや口紅などにも含まれていることも多く、私達は普段、意識せずに使っていることもあると思います。

ところが!

このひまし油は優れたオイルではあるのですが、刺激が強すぎるオイルでもあるのです。

唇は皮脂腺もなくとてもデリケートなのでひまし油の刺激に負けてしまう人もいて、接触性口唇炎の原因にも成り得るそうです。

  • 何度も口唇炎を繰り返してしまう
  • 唇の荒れがなかなか治らない

などの場合は、もしかしたらリップに含まれているひまし油の成分が原因であることも考えらます。

気になる症状がある人は、ひまし油の成分の入っていないリップを選んでみるのもいいかもしれませんよ。


おわりに

小学生の頃、母親の鏡台からこっそり口紅を拝借して塗った記憶があります。

これが私のメイクデビューでした。

後で見付かって叱られましたが、おそらく誰しもが初めて化粧をしたパーツは唇で、リップや口紅などだったのではないでしょうか。

そんな女性にとっては大切な唇。

きっと男性からの注目度も高いはずです。

プルプル潤いのある唇を常に保てるように、生活習慣を見直して毎日丁寧にケアをしていきましょう!

スポンサーリンク