joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛

進化したチアシード「ローストチア」の魅力や食べ方と注意点

f:id:favorite358:20171012233219j:plain
「出典元:Pinterest」

海外セレブやモデルたちが愛用していて、美容や健康にたくさんの効果をもたらすスーパーフード。

その中でも特に人気で注目を浴びていたチアシード。

チアシードそのものはもちろん、ドリンクやヨーグルト、ゼリ-など様々な商品に「チアシード入り」と書かれたものを目にするようになりましたよね。

そんなすっかり身近なものになったチアシードですが、実はさらに進化しているってご存知でしたか?

その名も「ローストチア」

チアシードをロースト=焙煎させたものが今、新たに注目を浴びているのです。

今回はそのローストチアの魅力について、紹介したいと思います。

進化したチアシードとは?

じっくり見ていきましょう。

ローストチアとは?

f:id:favorite358:20171013001628p:plain

まずはチアシードについて、少しおさらいをさせてください。

チアシードとは

● シソ科サルビア属ミントの一種で果実の実


● 水に浸すと10倍くらいに膨らんでジェル状になる


● 16世紀の記録に「人の生命維持にはチアシードと水があれば足りる」と書かれていたほどの栄養価に富んでいる

ただこのチアシード、

生でそのまま食べるには「発芽毒」があるため危険などとも言われていて、吸水させて無毒化してから食べていました。

その給水時間が12時間も必要だったり、食べたいと思ったときにすぐ食べることが出来ないのはちょっと面倒だったり。

それに吸水させたところで独特な見た目や食感になってしまうので、実はちょっと苦手だった方もチラホラ…。

そんなチアシードの無毒化方法、実は吸水ともうひとつ「焙煎する」という方法があり、その焙煎を用いて安心なチアシードへと変化させたのが、ローストチアになるのです。

具体的にはチアシードとローストチアはどんなところが違うのかというと

ローストチアはは膨らまない


そのため、満腹感を狙った効果は期待できません。

ローストチアはそのまま食べられる


見た目はゴマのような感じなのでパラパラとふりかけて気軽に食べることが出来ます。

栄養価はチアシードもローストチアも同じ

など面倒な手間はなくなったのに栄養価は変わらない。

いいとこどりのローストチア、まさに進化したチアシードなのです!

ローストチアの効果や効能

f:id:favorite358:20171013002012p:plain

ローストチアの栄養素は、チアシードの栄養素のまま!

その栄養素を改めてチェックしてみましょう。

栄養素 栄養素 栄養素
食物繊維 カルシウム オメガ3脂肪酸(αリノレン酸)
マグネシウム 鉄分 アミノ酸
たんぱく質 ビタミン ミネラル

などなど、たくさんの栄養素を含んでいます。

これらの栄養素は私達の体にどんな効果や効能をもたらしてくれるのでしょうか?

★ アレルギーの予防(αリノレン酸)


★ 生活習慣病の予防(αリノレン酸)


★ 免疫機能の改善(αリノレン酸)


★ 便秘の解消(食物繊維)


★ 美肌効果(αリノレン酸・アミノ酸)

その他、イライラを抑えてくれたり、代謝の促進などの効果が期待出来たりするようです。

さすがスーパーフード!

しかもローストチアなら手軽に食べられるのです。

毎日の美容と健康のため、ぜひともとりいれたいスーパーフードですよね。

ローストチアの食べ方

f:id:favorite358:20171013002212p:plain

ローストチアの魅力がわかったら、さっそく実食です!

実際にはどのようなものと食べるのがいいのでしょうか?

ローストチアのおススメの食べ方を紹介します。


ローストチアは乾燥した種。

黒ごまのようなカリカリとした食感や香ばしさがあります。

吸水させる必要がないのでそのままパラパラとふりかけるのですが


例えば

★ ドリンクやヨーグルト、アイスクリームと一緒に


★ 焼き菓子の材料やわらびもちなどのデザートに


★ ごはんと混ぜておにぎりに


★ サラダやあえ物のトッピングに

ローストチア自体に味はないので、和食から洋食、中華、なんでもOKです。

目先や食感が変わってちょっとしたアクセントにもなるので、いつもの食事にササッと一振り、習慣にするのもいいかもしれませんよね。

ローストチアの注意点

f:id:favorite358:20171013002349p:plain

スーパーフードのローストチア。

どんなに美容や健康に良い物でも、食べるにあたって、いくつか気を付けたほうがいいこともあるようです。

ローストチアの効果をいかすためにも次の点に注意をしましょう。


(水分を摂る)

ローストチアは食べた後に、体内の水分を吸収することがあるようです。

水分をしっかり摂るように心掛けてください。


(意外と高カロリー)

栄養価が高い分、カロリーも高めです。

食べ過ぎるとカロリー過多になるので注意しましょう。


(食べ過ぎるとお腹の調子を崩す可能性がある)

食物繊維が豊富なので、食べ過ぎると下痢や便秘になる場合があるようです。

1日の摂取量の目安としては大さじ1杯(10g)程度です。

くれぐれも食べ過ぎないように注意をしましょう。


美容や健康に効果がある。

そう聞くと、とりあえず多めに食べてしまいたくなりますがそこはグッと我慢。

適切な量を守ってゆっくりと、でも確実に、健康で美しい体をゲットしていきましょう!


最後にローストチアの保存方法での注意点を…。

ローストチアは湿気が大の苦手。

密閉できるタイプの袋や瓶に保存するようにしましょう。

購入する際も、欲張って大容量のものを買わずに食べきれそうな量を購入することも大切なポイントかもしれませんね。

まとめ

チアシード、すっかり進化していましたね。

これなら気軽に始められて、面倒になることなく続けられそうです。

小さくて食べやすいからと、つい量を食べてしまいそうですが、その点は要注意なこともわかりました。

毎日ササっと一振りでローストチアの習慣を!

進化したチアシードのパワーで、ますます自分磨き、ますます進化しちゃいましょう!

スポンサードリンク