joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛

実は怖い!歯周病の実態と全身疾患への影響や対策

f:id:favorite358:20171003225440j:plain:w500

「歯周病」や「歯周病菌」、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

「歯周病」とはその名の通り、歯の周りの症状すべてのことです。


「歯槽膿漏」と歯周病はほぼ同意味です。


歯周病の中でも、歯肉、いわゆる歯茎に炎症が起きることを「歯肉炎」といい、この歯肉炎が進行して歯を支える骨にまで症状がでてしまっていることを「歯周炎」といいます。


実は成人の約8割が歯周病であると言われていて、歯を失ってしまう原因の一番はこの歯周病になるのです。


また、この歯周病は自覚症状が無いままに進行してしまうことから「サイレントディジーズ(静かなる病気)」とも言われているようです。


そんな怖い歯周病の実態のあれこれや、対策などを調べてみたので紹介したいと思います。

どうして歯周病になるの?

f:id:favorite358:20171003230300j:plain:w500

歯周病の一番の原因は歯垢(プラーク)で、これは歯周病菌や虫歯菌の塊です。

そもそも私達の口の中には300~500種類の細菌が常に存在しています。

そのうちの約10数種類が歯周病の原因菌となるのですが、これらは普段は悪さをしません。


ただ

  • 歯磨きのブラッシングが不十分
  • 砂糖など糖質の過剰摂取


などにより

  1. 細菌がネバネバとした物質を作り始める
  2. 歯の表面にその物質がつく

こととなり、このネバネバの物質が粘着性の強い歯垢(プラーク)となるのです。

そしてこの歯垢(プラーク)の中に、歯周病を引き起こす細菌が多く存在しているため歯周病となってしまうのです。

また、この歯垢(プラーク)はそのまま取り除かないと固くなり「歯石」へと変化します。

この歯石の中や周囲にさらに細菌が入り込んで、歯周病を進行させる原因となる物質を出し続けてしまうのです。

この歯石へと変化してしまうとブラッシングでは取り除けません。

歯垢(プラーク)の段階で、正しい歯磨きをすることがとても大切なようですが、歯医者さんから見ると正しい歯磨きを出来ている人はほとんどいないのだとか。

一度、歯医者さんでしっかり教わることも必要なのかもしれませんね。

歯周病の原因菌と虫歯の原因菌は違うの?

f:id:favorite358:20171003225643j:plain:w600

答えは「違います!」

歯周病と虫歯の共通点は、口腔内の病気であることと、最終的には歯が抜けるということだけで、それ以外は原因菌をはじめ治療方法も違ってくるようです。


ちょっと違いを比べてみますね。


■ 原因菌

  • 歯周病はプロフィロモナスジンジバリス菌などの主に嫌気性菌(けんきせいきん)で、歯と歯茎の間に存在する

  • 虫歯はミュータンス菌などで、歯の表面に張り付く


■ 部位

  • 歯周病は、歯の周囲組織に影響する

  • 虫歯は、歯を溶かしていく


■ 進み方

  • 歯周病は、長い期間をかけて歯の周囲組織を壊し、歯がグラグラして抜けるまで痛みを感じないことが多い

  • 虫歯は、歯の表面を溶かして早いスピードで進行していき、神経まで進むと激痛が走る


■ 治療

  • 歯周病は、ブラッシングや歯医者での歯石除去、歯茎のケアなどにより原因菌を取り除き進行をおさえる

  • 虫歯は、虫歯菌に侵されている部分を取り除き、人工物を入れる



歯周病と虫歯とは、原因菌から何からすべてが違うのですね。

だけど最終的に歯が抜けるのは同じというところが怖いところです。

どちらも大切なのはやはり歯磨きのようですよ。

歯磨きの大切さを実感してしまいますよね。

歯周病が全身にもたらす影響とは?

f:id:favorite358:20171003230001j:plain:w400

歯周病の症状としては

  • 歯磨き時の出血
  • 口の中のネバネバ
  • 歯茎の腫れ
  • 口臭

などがあるのですが、実は歯周病の恐ろしいところが全身の病気へと影響が及ぶことがあるのだとか。

炎症が長く続いていると歯周病菌の毒素などが血流にのり、心臓や肺に入って疾患を引き起こす場合もあるそうです。


例えば

  • 糖尿病
  • 冠動脈心疾患
  • 誤嚥性肺炎
  • 骨粗鬆症
  • 早産・低体重児の出産


などの疾患になる可能性があると言われているようです。


「最近、歯を磨くと出血するな」そう思ったら、早めにケアすることが大切ですよね。

歯周病対策

f:id:favorite358:20171003230846p:plain:w500

初期の段階であれば、セルフケアでも改善できるとも言われている歯周病。


ケアのポイントとしては


( 正しい歯磨き )

適当な歯磨きを1日3回するよりも、1日1回正しい歯磨きを丁寧にしっかりする方がいいようです。


( 歯ブラシ選び )

固めの歯ブラシの方が歯垢(プラーク)落としやすくはあるのですが、痛みがある場合は痛くない程度の固さのものを選びましょう。


( 歯磨き粉選び )

フッ素は歯垢(プラーク)の生成も抑えてくれるようです。

フッ素加工のものを選ぶようにしましょう。

専用の歯磨き粉を選ぶのもおススメです。

歯周病専門薬用プロポリスハミガキ


( デンタルフロス、歯間ブラシを使う )

磨き残しが少なくなります。

歯と歯の間の隙間が小さい場合はデンタルフロスがおススメです。


( 鼻呼吸を心掛ける )

口呼吸で歯茎が乾燥すると歯垢(プラーク)の働きが活発になってしまようです。

また、唾液には歯垢(プラーク)を抑えてくれる働きもあるので鼻で呼吸をするように意識してみましょう。


( キシリトールガムを噛む )

キシリトールは歯垢(プラーク)を剥がれやすくしてくれる働きがあるようなので、食後に噛むといいようです。

但し、キシリトール成分が50%以上のものを選ぶようにしましょう。
それ以下だと糖分が多すぎてしまうようです。



また、歯周病になりやすい生活習慣もあるようです。

具体的には

  • 喫煙
  • 栄養バランスの悪い食事
  • 睡眠不足
  • 過度のストレス
  • 太り過ぎ


などが挙げられます。


やはり日々の生活習慣を整えること、そうすることで健康な体はもちろん、歯周病をもよせつけない元気な歯を作り上げていくことができるのです。

まとめ

ちょっと歯が痛い、歯茎から血が出る。

そんな症状があっても「あ、またか…」などと無視して軽く考えたりしていませんでしたか?

だけど実はそれは「早くケアして、治して」のお口からのサインだったのです。

このサインを見て見ぬふりをしていると、とても怖いことに繋がってしまう可能性があることがわかりました。

少しでも気になることがあったら一度、歯医者さんに行ってみるのがいいのかもしれませんね。

正しい歯磨きのブラッシングなど、しっかり教わることも必要なのかもしれません。

美味しい物を食べることって、何よりも幸せで至福の時です。

一生涯、自分の歯で美味しい物を食べられるように。

今からしっかりケアして健康で美しい歯をキープしていきましょう!

スポンサードリンク