joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛、女性の気になるテーマをなんとなく綴っていく雑記ブログです★男性にも読んで欲しいテーマもありますよ!

意外と知らない暑中見舞いと残暑見舞いを出す時期とその違いは?

f:id:favorite358:20170809215253j:plain

夏が来ると暑中見舞いでお便りを出すこともがあるかと思います。

暑中見舞いは知ってるけれど、残暑見舞いはいつ出すんだろう?と思ったことはありませんか?

また、いただいたお返事を出す時もどちらを出すのかわからないこともあるのではないでしょうか。

そんな時のために暑中見舞いと残暑見舞いの違いについて説明していきます。

暑中見舞いと残暑見舞いの違いと出す時期

暑中見舞いと残暑見舞いはどちらも厳しい夏の暑さが続く時期に、普段あまり会えない知人や友人、お世話になっている方などに安否を尋ねたり、自分の近況について報告するための挨拶状です。

2つの違いは出す時期になります。

f:id:favorite358:20170809220007j:plain
「出典元:shochu.templatebank.com」


暑中見舞いを出すタイミングはだいたい梅雨が明ける頃からお盆に入る前まで。

暦の上では二十四節気の小暑から秋とされる立秋の前日までです。

2017年は7/7から8/6までになります。


残暑見舞いはお盆中やお盆を過ぎてから出す時に使うといいでしょう。

暦の上では立秋から白露までとされています。

2017年は8/7から9/7までとなりますが9月に入ってから届くと遅いと感じることもありますので、8月中に出すのが一般的です。

また、西側の地域から梅雨明けしていくので相手側の地域では梅雨明けしていないこともあります。

場合によっては梅雨明けしないまま立秋を過ぎることもあるので、その時は残暑見舞いに切り替えましょう。


文面の違いと書き方

f:id:favorite358:20170809231435j:plain

暑中見舞いと残暑見舞いの文の構成は、

  1. 季節の挨拶文

  2. 相手の安否を気遣う言葉

  3. 自身の近況報告

  4. 相手の健康や無事を祈る言葉


基本的にはこの4つの構成になります。

暑中見舞いの場合、冒頭の挨拶文が「暑中お見舞い申し上げます」となります。

2の例文は

「炎暑の今日この頃いかがお過ごしでしょうか」

「猛暑が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか」

などになります。

残暑見舞いの場合の冒頭の挨拶文は「残暑お見舞い申し上げます」となり、

2の例文は

「立秋とは名ばかりの暑い日が続きますがお変わりありませんか」

「炎暑が続き本当の秋が待ち遠しいですがいかがお過ごしでしょうか」

などです。

最後に

「まだしばらく暑さが続くことと存じますのでくれぐれもご自愛なさいますようお祈り申し上げます」

などと相手の健康を祈る言葉をいれ、

日付の部分は、

暑中見舞いは「◯年 盛夏」、残暑見舞いでは「◯年 晩夏」や「立秋」「葉月」となります。

大きく違うのは冒頭と最後の日付になりますので気をつけましょう。


相手が喪中の場合は?

f:id:favorite358:20170809231931j:plain:w500

年賀状の場合、新年を祝うものなので相手や自分が喪中の場合は控えますが、暑中見舞いや残暑見舞いは夏の暑い季節に相手を気遣った挨拶なので、基本的には出しても大丈夫です。

ただ、文面や絵柄は派手にせず、49日を過ぎていない場合は少し置いて残暑見舞いに切り替えるなど時期にも配慮しましょう。


さいごに

暑中見舞いも残暑見舞いも相手を気遣うものには変わりありません。

普段会えない方からお見舞いのお便りが届くと嬉しいですよね。

出す時期やマナーに気をつけながら、相手の健康を祈って挨拶状を出してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク