joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛

病気になりやすい?低体温が体に及ぼす影響と原因や改善方法

f:id:favorite358:20170719213905j:plain:w500

近年、生活が便利になったことでカロリーを消費しにくい生活となり、日本人の体温は下がっていると言われています。

本来人間の平熱は36度〜37度ですが、これより体温が低い人は低体温といえます。 体温が低いと体の免疫力が下がり、体に様々な不調をもたらします。

では、その原因や与える影響、そして改善するには何をすればいいのでしょうか?

低体温になる原因

低体温になる原因のほとんどは生活習慣にあります。

■ 食生活の乱れ

人は食べて栄養を摂ることで、エネルギーや熱を作り体温を保っています。

糖質をエネルギーに変えるためにはミネラルやビタミンが必要なのですが、不足するとエネルギーや熱が作られず低体温の原因となります。

最近では、インスタント食品やファストフードの食べ過ぎ、無理なダイエットで脂肪や糖分ばかり増え、ミネラルやビタミンが不足しがちになっています。

■ 運動不足

運動不足は筋力の低下につながります。

筋肉は体で熱を作り出すために必要な組織であり、減ってしまうと低体温の原因となります。
また、たんぱく質が不足することでも筋肉が減ってしまいます。

■ 冷たい飲み物の飲み過ぎ

冷たい飲み物は体を冷やすことになり飲み過ぎると体温を下げる原因となります。
また、カフェインには体温を下げる働きがあり、温かくても飲み過ぎには注意が必要です。

■ 自律神経の乱れ

ストレスや疲労、生活習慣の乱れ、夏場に冷房の効いた寒い場所にいることで自律神経は乱れます。

自律神経が乱れると血管が収縮し、血流が悪くなり低体温を引き起こします。

低体温は不妊を招く

f:id:favorite358:20170719221839j:plain:w450

不妊の原因には低体温が関わっています。

血液は体中に必要な栄養やホルモンなどを運びますが、低体温により血流が悪くなると卵胞刺激ホルモンが分泌されづらくなり、排卵が起こりにくくなります。

その結果、月経不順や卵巣機能低下、多嚢胞性卵巣などの排卵障害が起き不妊症の原因となります。
また、下半身は冷えることで卵管が収縮し、子宮内膜症や子宮筋腫の原因にもなります。

ガンになる可能性も

f:id:favorite358:20170719222005p:plain 「出典元:株式会社 チトセ薬品」

ガン細胞が一番活性化する温度が35度台ということがわかっています。

実際に体温が高い、心臓、脾臓、小腸などにガンはできませんが、体温が低い食道、胃、肺、大腸、子宮などにガンは発生しますよね?

さらに、体温が低いことで体内のガン細胞や異物を攻撃するリンパ球やNK(ナチュラルキラー)細胞が働かなくなり、増殖するガン細胞を抑えることができなくなります。

低体温を改善するには

改善には普段の生活習慣を変える必要があります。

  • 食事はバランスのとれた内容を心がけ、ミネラルやビタミンなどの栄養をしっかりとり体にエネルギーを与えましょう。
    糖分は体を冷やす作用があり食べ過ぎは注意です。
    根菜類、特に生姜は体を温める効果があります。

  • ストレスや睡眠不足は自律神経の乱れに影響します。
    自分に合ったストレス解消法を見つけて、リラックスすれば質のいい睡眠により副交感神経が活発になり血流をよくします。

  • 夏場でもシャワーだけで済ませず湯船にしっかり浸かることで体を温めましょう。
    リラックスでき、副交感神経も活発になります。

  • 運動不足を解消しましょう。
    ハードな運動ではなく30分ほどのウォーキングやスクワットでも筋肉が減るのはとめられます。

「体温を上げると健康になる」

「体温を上げると健康になる」

  • 作者: 齋藤真嗣,高橋朋宏・平沢拓,発行人植木宣隆
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版(2009・3・25)
  • 発売日: 2009/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 13人 クリック: 228回
  • この商品を含むブログ (81件) を見る

さいごに

低体温は不妊症やガンになりやすいだけではなく、免疫力も下げ他のいろいろな病気にもかかりやすくなります。

毎日の習慣を少しずつ変えるだけで体温を上げることは可能です。

低体温の人もそうでない人も生活習慣を見直し低体温を予防しましょう。

スポンサードリンク