joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛、女性の気になるテーマをなんとなく綴っていく雑記ブログです★男性にも読んで欲しいテーマもありますよ!

結婚式や披露宴に招待されたとき、悩むマナーあれこれを解決!

f:id:favorite358:20170925213801j:plain

おめでたい結婚式や披露宴。

お呼ばれされたのは嬉しいのだけれど、意外とマナーなどに悩むことってありませんか?

最近はひと昔前ほど「こうあるべき」などのしきたりが、ゆるくなってはいるものの「これで大丈夫かな・・」と不安になったりしますよね。

そんな結婚式や披露宴に招待された時に悩んでしまいがちなことについて調べてみました。

いざという時に慌てないように、しっかりマスターしておきたいですよね。

ご祝儀のマナー

f:id:favorite358:20170925222352j:plain

結婚式に持って行くご祝儀、どれくらいが相場の金額なのか正直気になるところですよね?

あくまで気持ち・・といってもお祝いしたい気持ちはもちろんあるけど、あまり多すぎてもアレだし、逆に少なすぎても気が引けるし、けっこう悩むところだと思います。

世間一般の相場としては、年齢や年代によっても多少の違いはあるようですが、


★ 親族

兄弟姉妹3~10万円・甥っ子姪っ子3~5万円・いとこ3万円


★ 友人や知人

2~3万円


★ 会社・仕事関係

同じ会社の同僚2~3万円・部下3万円・取引先の関係者など3万円


になるようです。


その他、ちょっと気になるご祝儀にまつわることを挙げておきますね。


■ 金額はやっぱり奇数

偶数の金額は「偶数=割り切れる=別れる」と考えられてきたため、ご祝儀には奇数の金額を包むのが常識とされていますよね。

基本はそうなのですが、近年では偶数でも2に関しては「2=ペア」などと考えられ、2万円のご祝儀も一般的になっているようです。

ただ、どうしても気になる場合は1万円札と、5千円札を2枚にするといいようですよ。


■ ご祝儀にタブーとされている数字

4と9は「4=死」「9=苦」を思わせる為、使ってはいけないとされているようです。


■ お札は出来れば新札で

「新しい門出をお祝いする」という意味合いがあるようです。

銀行などで新札に変えてもらってから、包むようにしましょう。

こういうちょっとした心遣い日本ならではの習慣、大切にしていきたいですよね。

欠席せざるをえない場合のマナー

f:id:favorite358:20170925220504j:plain

せっかく招待していただいて楽しみにしていた結婚式だけど、どうしても出席できなこともあるかもしれません。

お祝い事なので「出席できない」ことを伝えるのを躊躇してしまいますよね。

どのように伝えれば、相手に嫌な思いをさせずにすむのでしょうか?


まず欠席する際の理由の伝え方です。


基本的には、正直に伝えることがいいようですが、弔辞など不祝儀の場合は「やむをえない事情で・・」などと、あえてぼかして伝えるのがいいようです。

そして後日「実は・・」と、真実を伝えるようにしましょう。

また、伝える方法としては


★ 招待状の返信ハガキを送る前

まずは電話できちんと伝えましょう。

メールなどではなく、きちんと言葉で伝えることがマナーです。

そのうえで返信ハガキを欠席として出します。

出来ればこの時、お祝いの品とお詫びの言葉を添えて返信するのがいいようです。

そして当日は結婚式場に電報でお祝いの言葉を送れば、新郎新婦もきっと喜んでくれるはずです。


★ 招待状の返信ハガキを「出席する」と送ってしまった後

新郎新婦はあなたも含めた状態で準備を進めてしまっています。

まずは急いで電話で連絡をしましょう。

そのうえで、ご祝儀も贈ります。

まだお料理や引き出物などの調整が付く時期であればご祝儀に包む予定だった金額の半分を、結婚式直前の場合はご祝儀に包む予定だった金額を贈るようにしましょう。

出来れば、結婚式の前に贈ることが望ましいようです。

そして当日はやはりお祝いの電報を送るようにしましょう。


不祝儀以外の理由の場合、例えば仕事なら仕事、そう正直に伝えるのがいいようです。

「忙しくて・・」などと、曖昧に伝えるのは失礼にあたるので注意しましょう。

「本当は行きたかった」こと「心からおめでとうと思っている」ことは必ず伝えることが大切です。

誠心誠意、心を込めて対応すれば、きっとその気持ちは相手にも伝わるはずです。

品物を贈りたい時のマナー

f:id:favorite358:20170925220104j:plain

「結婚のお祝い、現金だけではなくて、何か品物も贈りたい」若しくは「現金ではなくて、品物を贈りたい」

そう思っているのだけど、これまた大変なのが品物選び!

新郎新婦に喜ばれる品物とは?

贈ってはいけない品物とは?

まずは贈ってはいけない、注意したほうがいい物とは、どんなものがあるのでしょうか?

■ ナイフ、はさみ・・切れる、関係や縁が切れる
■ ライター・灰皿・・燃えてしまう
■ くし・・苦、死をイメージしてしまう

などがあるようです。

反対に、喜ばれる品物としては


★ 新生活ですぐに使えるもの

キッチングッズなどが人気なようです。

新婦新婦が欲しいであろうものを考えるといいかもしれませんよね。

オシャレなお鍋や、コップやグラス、お皿などはいくつあっても困るものではないですよね。

また、フードプロセッサーやブレンダー、コーヒーメーカー、ホットプレートなどのキッチン家電も人気なようです。


★ 自分では買おうとは思わないようなもの

ちょっとリッチなブランドのお皿やワイングラス。

夫婦の名前の入ったお箸や、夫婦茶碗など、自分達で買おうとは思わないけれど、あればものすごく嬉しい、生活がレベルアップした気持ちになるような品物も人気なようです。

とはいえ、好みのものを考えて贈るのは意外と難しいこと。

事前にさり気なく探ってみる、人づてに「新婚生活をするにあたって足りていない物」を聞いてもらう、アンテナを張って普段の会話をする、などのリサーチ力が必要ですね。

どうしても難しければカタログで「好きなものを選んで!」なんていう方法もあるかもしれません。

いずれにしても相手を思って考えた品物なら、きっと喜んでくれるはずですよね。

さいごに

人生の門出、結婚。

本当は心から共に喜び、ただただ「おめでとう」と伝えたいのに意外とマナーやしきたりが多くて戸惑ってしまいますよね。

特に女性は結婚式や披露宴に招待されたとなると、着ていく服装やヘアスタイルはどうする?など、色々と考えることも盛りだくさんだったりするものです。

そんなあれこれに足を引っ張られて、肝心な「おめでとう」の心を忘れてしまわないように、予め結婚式のマナーを知っておくことは大切なことなのかもしれません。

新郎新婦が最高にハッピーな門出となるように、しっかりマスターしておきましょう!

スポンサードリンク