joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛

ハーブティーは女性に嬉しい効果がたくさん!おすすめの種類と淹れ方

f:id:favorite358:20170717151557j:plain

みなさんハーブティーはよく飲まれますか?
主に香りを楽しんだり、リラックスできる飲み物というイメージがあると思います。
ハーブティーにはそれ以外にも美容効果やダイエット、他にも薬に負けないほどの効果があります。

そんなハーブティーについて詳しく見ていきましょう。

ハーブティーの効果・効能

f:id:favorite358:20170717152605j:plain

ハーブティーとはハーブの葉や花を乾燥させたり、生のものを煮出した飲み物です。
たくさんの種類があり、それぞれで期待できる効果が違ってきます。

ビタミンやミネラル、鉄分、カルシウムなど様々な栄養素が含まれていて、不足しているものを手軽に摂取することができます。

またデトックス効果や代謝アップによるダイエットや冷え性・むくみの改善、抗酸化作用による老化防止など、美容にも大変効果があります。

ハーブティーの種類

f:id:favorite358:20170717153501j:plain

人気のハーブティーについて種類別に見ていきましょう。

《美容効果に期待》

  • ローズヒップティー

ビタミンがとても豊富で、レモンの20倍含まれているといわれています。

ローズヒップティーのビタミンは熱湯でも壊れないので安心して温かいものを飲むことが出来ます。

シミを予防し美白効果があります。

  • ルイボスティー

老化の原因となる活性酸素を取り除いてくれるため、アンチエイジング効果が期待できます。

「フラボノイド」という成分が体内の免疫力を高めるため、花粉症の症状を和らげてくれます。

胃の調子を良くしたり、下痢や便秘の解消にも効果があります。

  • はと麦茶

肌の新陳代謝を高め、肌の再生を助けます。

大人ニキビや、シミ、そばかすを薄くしてくれる効果があります。

《リラックスしたいときに》

  • カモミールティー

安眠効果があります。

リラックス作用やストレス解消にも。

体を温めるので風邪予防にも効果があります。

《女性に嬉しい効果》

  • ジンジャーティー

ホットで飲むことで、体の中から温めてくれます。

風邪予防や冷え性の改善、女性特有の病気を予防してくれます。

消化を促し食欲増進や胃腸の働きを助ける効果があります。

  • サフラワー紅花ティー

血行を良くして体を温め、冷え性の改善に効果があります。

生理痛、生理不順、更年期障害など婦人科系の症状を改善します。

そのため女性に優しいハーブと言われています

《妊婦さん・授乳中の方におすすめ》

  • タンポポ茶

タンポポコーヒーともいわれ、コーヒーに味が似ていますが、ノンカフェインです。
妊娠後期に不足しがちな鉄分も含まれています。

女性ホルモンのバランスを整え、つわりや生理痛をやわらげたり、母乳の出を良くする効果があります。

不妊症の改善にも効果が期待できます。

  • ラズベリーリーフ

子宮・骨盤回りの筋肉を強くします。
それにより、出産間近に飲めばお産がスムーズになったり、産後の回復も早くなることが期待できます。
ただし、子宮を収縮させる働きもあり早産のリスクがあるため、妊娠初期の方は控えましょう

ハーブティーの効果を上げる飲み方

ハーブティーのそれぞれの効果を引き出すためには一番良いタイミングで飲むことをおすすめします。

カモミールティーなどリラックス効果があるものは一息つきたい時にもおすすめですが、仕事中だと眠くなる可能性があるので、入浴前や就寝前がおすすめです。

ハイビスカスティーなど便秘解消効果のあるものは消化を助けてくれるので食前に飲むのがおすすめです。

マテ茶などダイエット効果のあるものは食事の前に飲むことで満腹感が得られ食欲を抑えてくれます。
脂肪の吸収を抑えるので食事と一緒に摂るのもおすすめです。

◆淹れ方は是非こちらの動画を参考にしてみて下さい。


ハーブティーの基本の淹れ方

まとめ

ハーブティーは種類によって効果が様々です。
薬を飲むのはなんだか気が進まないけれど、ハーブティーなら香りも良く、リラックスした気分で飲めるので続けられそうですよね。

ひとつの種類で飲むのもいいし、自分の好きな種類をブレンドしたり、飲み方も楽しむことができます。

もし、体のことで悩んでいることがあれば気軽に始めてみるのもいいですね!




スポンサーリンク