joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛

R1ヨーグルトの効果なぜ花粉症やインフルエンザ予防になるの?

f:id:favorite358:20170717170336p:plain
「出典元:株式会社 明治」

R1ヨーグルトとは明治が発売しているOLL1073R-1乳酸菌を使用しているヨーグルトです。

テレビ番組などで花粉症やインフルエンザ、風邪予防に効果があると紹介され、一時は品薄にもなりました。

なぜ、ヨーグルトを食べることで健康に良い効果があるのでしょうかその理由についてまとめてみました。

花粉症に効く理由

f:id:favorite358:20170717170851j:plain

花粉症のアレルギー症状が起きる仕組みは腸内の免疫細胞のバランスが崩れることにあります。

体内に花粉や異物が入り込むと腸内で吸収され、免疫細胞は異物を攻撃するTh1細胞抗体を作り出しアレルギー症状を起こすTh2細胞に分かれます。

この2つのバランスが乱れTh2細胞が多くなるとアレルギー症状は起こります。

その乱れたバランスを整えてくれるのが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌です。

中でもR1乳酸菌はこの効果が高く、花粉症改善に効果があるとされています。

実際にR1ヨーグルトを食べていて花粉症の症状が改善されたという声がたくさんあります。

インフルエンザ予防にも

f:id:favorite358:20170717171434j:plain

腸は細胞に必要な物質を取り込むための器官であり、免疫機能の多くは腸内に存在します。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境を整え、善玉菌優位のベストな状態にし、腸内環境を整えることで免疫力が上がります。

またR1乳酸菌はEPS(多糖体)を多く生産します。

このEPSとはNK(ナチュラルキラー)細胞という、病原体に対して攻撃をしかけて倒してくれる細胞を活性化させてくれます。

このNK細胞が活発に動くことで免疫力が上がり、インフルエンザや風邪にかかりにくくなるのです。

実験で、ある小学校でR1ヨーグルトを給食などで毎日食べ続けてもらった結果、他の周辺地域の小学校に比べてインフルエンザの感染率が下がったという結果も報告されています。

R1乳酸菌のスゴさがわかりますね!

効果的な食べ方は

f:id:favorite358:20170717172037j:plain

より効果を発揮させるために食べ方にも気をつけてみましょう!

R1乳酸菌を生きた状態で腸まで届けるには、朝食後がおすすめです。

朝は腸内の働きが弱く、食後は胃酸の働きが弱いため、より乳酸菌を届けやすくなります。

花粉症にしてもインフルエンザ予防にしても、薬のような速効性を期待するのではなく、体質改善が目的なので毎日長期的に食べることが必要です。

継続することで腸内環境が整っている状態を維持しましょう。

また、ヨーグルトに砂糖を足すことはおすすめしません。

免疫低下を防いでくれるビタミンBを減少させてしまいます。

甘さを足したい場合はハチミツや黒砂糖がおすすめです。

さいごに

強さを引き出すR1ヨーグルト。

毎日食べ続けることで体の中の免疫力を高めてくれる強い味方ですね。

ただ、一般のヨーグルトよりも少々お値段が高いというのが唯一の難点ですが、花粉症や風邪に悩まされている方は是非試してみてはいかがでしょう。

R1ヨーグルトを3カ月以上飲んでみた経験談

私も軽い花粉症の持ち主です。

数年前とても仕事が忙しく、毎日23時頃まで残業の日々で体力低下を感じていました。

このままだとインフルエンザにかかったり、花粉症の症状も悪化するのではないか…と心配になり、その年の11月頃からR1ヨーグルトを毎日飲み始めました。

するとインフルエンザどころか風邪も引かず、花粉症の症状もほとんどなく乗り切ることができました!

なので個人的にもR1ヨーグルトは効果があると思っています。

ただ薬ではないので即効性はないため、先にも触れましたが継続して食べ(飲み)続けたり、気になる症状が流行する季節より早目に食べ始める(飲み始める)必要があります。

少しお金はかかってしまいますが、私はヨーグルトを食べる(飲む)だけで辛い花粉症から解放されるなら安い買い物だと思いました。

スポンサーリンク