joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛

ポッコリお腹も解消!簡単ドローイングのやり方と効果

f:id:favorite358:20171111110447p:plain

体の中でも一番、お腹を引き締めたい!

という方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめしたいのがドローイングです。

1回30秒でできて

場所や器具も必要とせず

空いた時間にできる

簡単なダイエット方法です。

しかも効果も出やすいんだとか!

そんなドローイングのやり方や効果について見ていきましょう。

ドローイングの効果

f:id:favorite358:20171111111644j:plain

私たちは胸で呼吸をしますがドローイングはお腹に力を入れ、腹式呼吸をすることでインナーマッスルを鍛えます。

筋肉量が増え基礎代謝が上がることで効率よく脂肪燃焼ができます。

また、基礎代謝が上がることで血流やリンパの流れも良くなり、冷え性やむくみの改善にも効果が期待できます。

他にはお腹周りの筋肉を鍛えることで腸を刺激し、お通じを促したり、骨盤が安定することで内臓が正しい位置に置かれ、ポッコリお腹の解消をすることができるようです。

ドローイングのやり方

f:id:favorite358:20171111112936j:plain

①姿勢をまっすぐにし、お腹に空気を溜めるイメージで大きく息を吸います。肩を上げずに引くように。


②最後まで息を吸い切ったら息を止めて、体中に酸素を巡らせるようイメージします。この時お尻はキュッと締め体から空気を逃さないように。


③膨らませたお腹が凹むように思い切り息を吐き出します。ヘソを中心に凹ませるようにして息を吐く時もお尻をキュッと締めます。


④息を吐き出したら凹ませたお腹を30秒キープします。姿勢は崩さず、お腹周りの筋肉に意識を集中させましょう。キープ中は胸で呼吸をしても大丈夫です。

①〜④の行程を10回で1セットです。

1日2回を目安に行うようにしましょう。

ドローイングはやればやるだけ効果がでるようです。

キープ時間を延ばしたり、回数を増やすことでよりダイエット効果が期待できます。

さらに効果を上げる方法としてはウォーキングしながらのドローイングです。

有酸素運動をプラスすることでカロリー消費量が約4割も増えるそうです。


他にも床に寝た状態で行うやり方などもあるようです。
試してみて自分が一番やりやすい方法を見つけるのもいいかもしれません。


ドローイン/腹横筋/体幹トレーニング実践講座

ドローイングを行う上での注意点

f:id:favorite358:20171111113951j:plain:w450

満腹時にドローイングを行うのは避けましょう。

胃袋が膨らみお腹がうまく凹まないので腹筋も鍛えられません。

空腹時の方がカロリー消費量は多いためダイエット効果は上がります。

なるべくご飯の前に行うようにしましょう。

また、腰痛がある人は腰に負担がかからないように体勢や回数などを調整して無理なく行いましょう。

おわりに

少しの空いた時間さえあればできるドローイングは仕事中や産後ダイエットとしても取り入れやすいですよね。

即効性があり、早ければ数日で効果がでる人もいるそうです。

ダイエットが続かないという方は一度試してみる価値はありそうですよ。

スポンサーリンク