joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛

料理上手への近道はみりん?味醂で料理の味に差がでる!

f:id:favorite358:20170926234104p:plain

コク、ウマミ、テリ、ツヤ、和食の調味料といえば、「みりん」。

和食のレシピにはたいてい「みりん」は必須となっていますよね。

だけど、意外と「あ、みりん、なかった!」なんてことありませんか?

そして「ま、いっか」なんて、実は端折ってしまうこともたまにあったり・・。

しかも「みりん」とか、「みりん風」とか、

いったいなに?

なにが違うの?

と思ったことありませんか?

今回は、そんな「みりん」について調べてみました。

実は魅力満載な、みりん。

今日からあなたは、みりん抜きの料理なんて考えられなくなりますよ!

本みりんとみりん風調味料の違いとは?

f:id:favorite358:20170926235328j:plain

本みりんは、もち米や米麹、焼酎、醸造用アルコールを主原料に熟成させて作ります。

そのため、江戸時代からの製法で作られている伝統的な本みりんには、アミノ酸やビタミンB群が多く含まれているので、その時代には高級酒として飲まれていたり、甘酒などと同様に栄養ドリンクとして飲まれたりしていたようです。


一方、みりん風調味料は、少しのアルコールに水アメやぶどう糖などで甘さを足した、みりんの味をした調味料となります。


それ以外にもどんな違いがあるのか具体的に挙げてみます。


( アルコール分 )

本みりんはアルコール分が14%、みりん風調味料は1%以下になります。

みりん風調味料はアルコール分が1%なので調味料に分類されるのですが、反対に本みりんのアルコール分はかなり高いですよね。

その め、本みりんは酒類に分類され、酒税もかかり、その結果価格も高くなってしまうようです。


( 味付けの順番 )

本みりんはアルコールを多く含んでいるため、煮切る必要があり料理の際は最初の段階で入れることが多いのですが、みりん風調味料はその必要がないので最後に入れます。


( 保存法 )

本みりんはやはりアルコール分が多いので、常温、冷暗所で大丈夫ですが、みりん風調味料は冷蔵庫での保管が安心なようです。


同じ「みりん」の名の付くものなのに、ここまで違うとは驚きですよね!


本みりんは煮切る必要があるので煮物や煮魚など、みりん風調味料は煮切る必要がないので火を使わない、だけどちょっとコクが欲しい、例えばマリネなどと使い分けてみるのがいいようです。


いかにも料理上手な感じがしてきませんか?

みりんの代用と作り方

f:id:favorite358:20170927000548j:plain

「あ、みりん、なかったんだ・・」「ま、いっか、なきゃないで・・」

いえいえ、もう端折らなくても大丈夫です!

実は家にあるもので、みりんの代用となるものが作れてしまうのです!


みりんの成分はもち米、米麹、醸造アルコール、糖類


なので・・


日本酒(米麹、アルコール)大さじ1と、
砂糖(糖類)小さじ1=みりん大さじ1


もしくは、


日本酒(米麹、アルコール)大さじ1と、
はちみつ(糖類)小さじ2/3=みりん大さじ1


と代用できるようです。


これならみりんがなくても美味しいお料理を作ることができますよね。


ちなみに、はちみつを使った代用の方が味がまろやかになるようです。


みりんがなくても「ま、いっか」と諦めずにチャレンジしてみましょう!

みりんを使う場合の調理効果

f:id:favorite358:20170927000049j:plain

お料理の味をグッと深いものに、コクをあたえてくれる、みりん。

実はみりんはその「味」だけではなくて、他にも様々な料理効果があるってご存知でしたか?


(自然な甘みやコクを出す)

これはご存知ですよね?

みりんには数種類の糖類が含まれているため、甘さ自体は砂糖の1/2~1/3程度ですが、自然な優しい甘みとコクを料理に出すことができるのです。


(照りやツヤを出す)

みりんの中の糖分が、食材の表面に膜を作り、この膜で料理の照りやツヤをだすことができます。

砂糖でも照りはつけられますが、みりんのそれには敵わないようです。

また、その膜によって食材が覆われるので水分の蒸発も防げるようですよ。


(肉や魚の生臭さを消す)

みりんに含まれるアルコールによって、肉や魚の生臭さを消すことができます。

みりんのもつ甘さによって、臭みを目立たなくさせる効果もあるようです。


(煮崩れを防ぐ)

みりんの煮崩れを防ぐ効果は、特にじゃがいもに効果的なようで、じゃがいもは熱が加わることにより細胞壁の成分であるペクチンが溶け出してしまうのですが、みりんに含まれるアルコールはこのペクチンを溶けにくくする性質があるようです。

肉じゃがにはもってこい、なわけですよね?


(うま味を逃さない)

アルコールの特徴として、食材に早く溶け込むということがあります。

その際にうま味成分でもあるアミノ酸や有機酸などとともに溶け込んでくれます。

その後、熱を加えることでアルコールは蒸発してしまいますが、うま味はしっかりと食材に残ってくれるようです。


みりんのチカラ、かなりすごいですよね!


ここまで知ってしまったら、使わずにはいられません。


みりんを使いこなして、料理上手に・・納得です!

おススメの本みりんとは?

みりんで料理の味が変わることを確信しました!

ぜひ、明日から、いや、今日からみりんを使いたいものですよね!

だけど、いざ、みりんを買おうにもたくさんの種類があって迷ってしまいます。

そこでおススメの本みりんを調べてみました!

多くの食通さんたちがすすめているのが、岐阜県飛騨川のほとりにある町、川辺町の老舗酒造さん白扇酒造さんの「福来純 三年熟成 本みりん」です。

f:id:favorite358:20170927001158j:plain

原材料は地元の最良のものだけ、江戸時代から伝統的製法で作られているそうです。

まるで「デザートワイン?」との声も・・・。

また、私の大好きなモデルさんが書かれた美容本に「美容食」としても掲載されていました。

ここまでみりんの魅力を知り尽くしたら、ちょっとこだわったリッチな「本みりん」をぜひとも使ってみたいものですよね。

まとめ

いかがでしたか?

何となく脇役的なイメージだったみりんでしたがグッとその印象は変わりましたよね。

料理も楽しくそして幅もまた広がりそうです。


みりんのマメ知識をさらにもう少し。


実は和食などのお料理だけじゃなくて、焼き菓子などにも活躍してくれるのだとか!

例えばロールケーキやホットケーキなどフワフワしっとり、綺麗に仕上がるようですよ。

それと、ごはん3合に対してみりんを大さじ1入れてみてください。

弾力のあるふっくら美味しいごはんに炊き上がるようです。

ますます、みりんのパワーに驚きですよね?

みりんの恩恵を大いに受けて、料理上手になっちゃいましょう!

スポンサーリンク