joli358

美容と健康、ダイエット、ときどき恋愛

湯船の効果を知ろう!浸かるだけで体の汚れも落ちる?

f:id:favorite358:20180205222859j:plain
日本人ならほとんどの人が大好きなお風呂。

特に寒い冬などクーっと湯船に浸かるあの瞬間は最高です!

体も心もふにゃふにゃに溶けてしまいそうなくらい気持ちがいいです。

だけど実は「気持ちいい~!」だけではなく、湯船にはたくさんのメリットや効果があるってご存知でしたか?

今回はそんな日本人が大好きな湯船についてまとめてみました。

湯船の威力、驚きですよ!

湯船とは

f:id:favorite358:20180205223134j:plain

湯船?浴槽?

なぜふたつの呼び名があるのでしょうか。

湯の船ってなに?

実は江戸時代には本当に「湯の船」が存在していたのだそうです。

この時代は今とは違い、家にお風呂などはなく、銭湯が街の中心部にありそれを利用していたそうです。

ただ、街のはずれなど銭湯が遠かったり少なかったりする地域もあったため、それらの地域に住む人を対象に船の中にお風呂を積んで巡回していたそうです。

この「湯を積んだ船」は「湯船」と呼ばれ、その後家にお風呂があることが当たり前の時代になっても「湯船」の言葉だけは残り、浴槽を湯船と呼んでいるそうです。

湯の船があったとは驚きです!

歴史や言葉って、おもしろいですね。

湯船に浸かるメリット

f:id:favorite358:20180205224027j:plain

さて、そんな湯船ですが湯船に浸かることで健康や美容にたくさんのメリットがあるようです。

気持ちいいだけではない、湯船のメリットとはどんなものがあるのでしょうか?

<リラックス効果>

これは恐らくみなさん「納得!」ですよね。

37℃前後のぬるめのお湯に浸かることで副交感神経の働きが高まり気持ちがリラックスするそうです。

また、体の筋肉も緩むので肩こりや腰痛などにも効果が期待できます。

ぬるめのお湯なら長くのんびり浸かっていられるのが嬉しいですね。

心身ともに「ゆるゆる~」になる至福の時間です。

<マッサージ効果>

湯船に浸かっている時は静水圧によるマッサージの効果も期待できます。

このマッサージは筋肉へのアプローチはもちろん、血液やリンパの流れを良くしてくれるので血行促進の効果にも繋がります。

<温熱効果>

体が温かいと新陳代謝が良くなるのはよく知られている話ですよね。

これは血液の流れが良くなることで起こるのですが、血液の流れが良くなり代謝がよくなると、

● 凝りが改善される

● 冷えやむくみが改善される

● 自律神経が整う

などの嬉しい効果も。

また、湯船に浸かると汗をかきやすくなるのでデトックス効果も期待できます。

<睡眠への効果>

湯船に浸かることで睡眠の質が高まる効果も期待できます。

その理由は、私達は湯船に浸かることで体温が上がり手や足の血管が広がるのですが、入浴後この広がった血管から熱が逃げていくので入浴する前よりも体温が下がるそうです。

「え?下がっていいの?」

と思ってしまいますが、実はこの体温が下がることで脳や臓器が休むことができるそうです。

そのため身体が「休息モード」に入りやすくなり、「睡眠の質が向上する」と言われています。

寝る2時間程前に湯船に浸かるのがいいそうです。

<汚れが落ちやすくなる効果>

湯船に浸かることでしっかりと毛穴が開くので、汚れが落ちやすくなります。

髪や体を洗う前に一度湯船に浸かるといいそうです。

湯船に浸かることは心だけではなく、体にも様々なメリットがあるのですね。

時間がなくて忙しい時こそ、じっくり湯船に浸かるようにしましょう!

シャワーだけのデメリットは?

f:id:favorite358:20180205224917j:plain

湯船に浸かることへのメリットがわかったところで、反対に湯船に浸からずシャワーだけで済ませてしまうことへのデメリットも調べてみました。

忙しい、時間がない、そんな時はついシャワーだけでパパっと終わらせてしまいたくなりますが、時短にはなるものの様々なデメリットが生じてしまうようです。

<代謝の悪化>

湯船に浸かることで体が温まることがわかりました。

反対にシャワーだけで済ませてしまうと体を温めることができず、たとえ熱いシャワーを浴びたとしてもその効果は期待できないそうです。

結果、低体温になり代謝を悪化させてしまいます。

代謝の悪化は

● 太りやすい

● 疲れが溜まりやすい

● 冷え性

などの原因になります。

<睡眠の質が悪くなる>

シャワーだけでは体が温まらず、血行の促進なども期待できないので体が「休息モード」に入りにくく、寝つきが悪くなったり睡眠の質が悪くなったりしてしまいます。

<老廃物が溜まる>

シャワーだけだと体が温まらないため汗もかきにくくなります。

その結果、老廃物が排出されずに溜まっていってしまいます。

老廃物が溜まった上に汗をかくため、体臭が強くなることもあるそうです。

体をしっかりと温めて老廃物を溜め込まないようにしていきたいですね。

シャワーは時短にはなるけれど、ちょっとデメリットが多すぎます。

これからは毎日湯船に浸かろうと心に誓ってしまいました!

湯船に浸かるだけで汚れが落ちる?

f:id:favorite358:20171013001343j:plain:w500

「体を洗わないで、湯船に浸かるだけの入浴法」があるってご存知ですか?

毎日せっせと体を洗うのが当たり前になっているので驚きな入浴法ですが、実はこれ、美肌で有名なタモリさんが実践している入浴方法なんです。

ちょっと驚きではありますが、この入浴法には様々なメリットがあるそうです!

詳しく説明したいと思います。

<やり方>

やり方は

● 10分以上湯船に浸かる
● 石鹸やボディソープは使わない

以上です!

お湯の温度は好みの温度で大丈夫なのですが、どうしても臭いなどが気になる場所ってありますよね?

汗をかきやすかったり、臭いがこもってしまったりする場所。

わきの下、足の裏、デリケートゾーンなどはどうしても気になるなら泡立てた石鹸の泡で優しく洗ってもいいかもしれませんね。

<汚れが落ちるその理由は?>

多くの人は「今日の汚れは、今日のうちにしっかり落とそう!」と毎日しっかり体を洗っていることと思います。

でも実は「10分ほど湯船に浸かることで、私達の体の8割の汚れは落ちている」とも言われています。

また、皮膚の汚れはほぼ水溶性であるため、お湯で洗い流すことが出来るそうで水溶性ではない汚れについても、3~4日で洗い流せると言われています。

反対に洗い過ぎることで肌の保湿に大切な皮脂なども落としてしまっている可能性があるとも言われています。

<メリット>

この湯船に浸かるだけの入浴法のメリットとしては、先に挙げた「湯船に浸かることのメリット」があるのと同時に体を洗わないことで肌への摩擦や刺激が減らせることにあります。

確かにゴシゴシこする摩擦の軽減だけでなく、洗浄液などの強い刺激からも軽減されますよね!

ちょっと斬新ではありますが肌への負担は確実に少なくなりそうです。

もし、皮膚に疾患があったり皮膚科に通ったりされている場合は主治医に相談のうえ行うようにしてくださいね。

インナードライ肌って?

f:id:favorite358:20180205232325j:plain

インナードライ肌って聞いたことありますか?

その名の通り肌の内側が乾燥している状態のことなのですが、同時に外側はテカテカに皮脂が分泌している状態のことをインナードライ肌と呼びます。

このインナードライ肌は、なんと80%以上の女性にあてはまるようで

症状としては

● しっかり洗顔をしているのにテカったりニキビが出来たりする

● キメが荒い、ゴワつく

● 毛穴が目立つ

● 皮脂が出ているのにつっぱる感じがする

などで、「自分は脂性肌」と勘違いして念入りな洗顔をしてしまい、さらに悪化させてしまいます。

対策としては

● 湿度の管理

● 生活習慣を見直す

● ストレス対策

● 適度な洗顔

● しっかりと保湿

● 紫外線対策

などになりますが、実はこの「インナードライ肌」にも「湯船に浸かるだけ入浴法」は効果を発揮する場合があるようで、洗い過ぎによる摩擦や刺激が減らせるため、肌の状態が改善するとも言われています。

「あれこれ色々試しているのに、どうも肌の調子が良くない」

そんな時はちょっと試してみる価値があるかもしれませんよ。

さいごに

湯船に浸かってボーっとする…大好きな時間です!

今は入浴剤も様々な香りや効能のものがあって楽しいですよね。

湯船に浸かることでのメリットも驚きでしたが「体を洗わず、浸かるだけの入浴法」があることにも驚きでした。

何の道具も必要ないのですぐに試せるのも嬉しいです。

しっかり湯船に浸かってますます健康と美容を手に入れちゃいましょう!

それと湯船に浸かる前は、水分補給を忘れないでくださいね。

スポンサーリンク